蛍原徹が『雨上がり決死隊』“解散決定”直前に「本音吐露」、ケンコバは「苦言」?お笑い界席巻『あちこちオードリー』悪魔の求心力!

拡大画像を見る

 お笑いコンビ・雨上がり決死隊が解散すること発表された、8月17日のABEMAと吉本興業公式YouTubeチャンネルで配信された『アメトーーク 特別編 雨上がり決死隊解散報告会』から1週間が経った。

 同番組には宮迫博之(51)と蛍原徹(53)がそろって出演。今年4月に解散を切り出したという蛍原は、解散理由について「宮迫さんに対する気持ちがですね、ちょっとずつズレが生じてきたかなと正直思います」と語った。

 さらに蛍原は「もちろん最初はですね、コンビで戻ってきて、2人で何とかもう1回復帰したいと、もちろん僕は思っていました」と説明。

 宮迫のYouTuber活動について「宮迫さんが1人でやってるとかなら応援してたと思うんですけど、そこで宮迫さんは相方のもとに戻るために(YouTubeでの活動を続けた)みたいなことだったので、それなら僕はそうしないよ、というズレはありました」と明かした。

 また、『解散報告会』には『アメトーーク!』によく出演する東野幸治(54)、出川哲朗(57)、ケンドーコバヤシ(49)、狩野英孝(39)、FUJIWARAの藤本敏史(50)と原西孝幸(50)がゲスト出演。雨上がり決死隊との思い出を語ったり、コンビ解散に至った経緯などのトークを展開した。

 番組終盤には藤本が「これ解散までしなきゃいけないことなんですか?」「再結成は本当に何年かかってもいいので、また再結成のときにこういう感じでやってほしいです」と涙ながらに訴える場面もあった。

 これに蛍原は「本当にありがたい」としつつも「それぐらい、フジモンみたく1年半僕泣いてたんで。それは自分なりに決定したことなので、お気持ちは嬉しいんですけど。もちろんそう思ってたら解散なんてしないしね」と、自身も闇営業問題から1年半、苦しんできたと赤裸々に明かしたことも話題を呼んだ。

「蛍原さんは、宮迫さんが闇営業問題で地上波番組を降板してから1年半もの間、関係各所に頭を下げたり、自分自身もレギュラー番組からの降板を検討したりと、さまざまな葛藤をし続け、極限状態にあったのでしょう。そして4月には自ら解散を切り出すに至った。

 そんな蛍原さんですが、先日の『解散報告会』に先駆けて、3月放送の『あちこちオードリー』(テレビ東京系)で本音を吐露していたんです」(制作会社関係者)

■解散を切り出す直前の蛍原が『あちこちオードリー』で本音吐露

 オードリーの若林正恭(42)と春日俊彰(42)がMCを務める深夜の人気トーク番組『あちこちオードリー』(毎週水曜日夜11:06~)。

 蛍原は3月2日放送の同番組にさらば青春の光の森田哲矢(39)、東ブクロ(35)とともに出演し、収録前日に宮迫から数か月ぶりに電話がかかってきて、1分ほど会話したことを明かした。

 さらに若林から「今日、記者会見だと思ってください」と言われ、2020年の夏にも宮迫と2人きりで会ったこと、騒動に2人きりで会ったのはそれが初めてだったこと、そのときにお互いの気持ちなどを1時間ほど真剣に話し合ったことなどを赤裸々に語った。

 また、『アメトーーク!』のMCを突如1人で務めることになったことについて、「やっぱり迷惑かけてるわけやんか。スタッフの方にもゲストの方にもそうやし」とし「必死でなんとかやらなあかん。なんとか盛り上げないとって。でもやっぱりな~んもでけへんな、俺」と心境を吐露する場面もあった。

「今から考えるとですが、宮迫に解散を告げる約1か月前に『あちこちオードリー』に出演したわけです。宮迫さんに解散の意向を告げるまでが苦しかったと語った蛍原にしてみれば、その時期は一番キツいタイミングで、極限に近い状態で収録に臨んでいたのではないでしょうか。

 そこで、ギリギリの情報、そして本音を吐露できたのが、『あちこちオードリー』だったわけです。同番組は今、芸人や芸能人が本音を引き出されてしまう“ぶっちゃけトーク”番組として人気を博しています。また、芸人が売れない頃や、何か出来事があった当時の心境、先輩芸人との関係、笑いの仕組みなどを分析したり語り合ったりする番組として、お笑い通からも高い評価を得ています」(前出の制作会社関係者)

■『あちこちオードリー』を揶揄!? ケンコバが「芸人がお笑い論を語る番組」に苦言

 そんな中、『解散報告会』にも同席したケンドーコバヤシは8月21日付の『マイナビニュース』のインタビューに応じ、最近のお笑い界について「もうすぐ破滅するんじゃないですかね、マジの話」と語り、一部で話題を呼んでいる。

 ケンコバは「いよいよお笑い芸人側が、お笑い論を語る時代になってきました。人気番組も今そういうものが多いじゃないですか。“芸人としての心構え”とかそういうのを語る番組が。“あ、これはもう近々破滅するな”と思っています」とコメント。

 その理由について「それは過去の色んなエンターテインメントの歴史が証明しています。一度プロレスが地に堕ちたのも、そういうところありますからね」と説明した。

 プロレス界には「マニアがジャンルを潰す」という言葉があり、これを引用しつつ「プロレス界が1回破滅する直前に、前田日明さん(62)とかがやり始めたのがプロレスや格闘技を語ること。あれが発端でした。それと今のお笑い界が非常に似ています。正直、本当に俺はビビっています」とお笑い界の破滅を危惧した。

 ケンコバの発言に、SNSには、「お笑いを語る番組って あちこちオードリーやないか」「ケンコバさんの記事すげぇよかった。多分、ていうか絶対にあちこちオードリーとかを揶揄してるよなあれは」「この手の話題でどうしても真っ先に浮かぶのはあちこちオードリーだな」といった声も上がっている。

「ケンコバさんの言う“お笑いを語る番組”というのが『あちこちオードリー』を指しているのではないか、と見る人がたくさんいるんです。たしかに『あちこちオードリー』は一流の芸人が笑いの技術や先輩芸人との交流、番組での立ち居振る舞いといった裏側を語る番組ですからね」(放送作家)

■『あちこちオードリー』オンラインライブの売り上げは1億2000万円超え!

『あちこちオードリー』の6月2日放送回にはロンドンブーツ1号2号の田村淳(47)が出演し、今まで語られることがなかった“MC論”を展開。また、淳が「政治家はいつかやりたいよね」と語ったことも話題を呼んだ。

 また、8月18日の放送回にはキャイ~ンの天野ひろゆき(51)とウド鈴木(51)が出演。仲良しコンビとして知られるキャイ~ンが抱いているコンビ間の苦悩を明らかにしたり、若手時代から師匠、兄貴として慕うウッチャンナンチャンとの関係について語った。

「ケンコバさん自身も4月28日放送の『あちこちオードリー』に出演していますから、あのインタビューで語ったこと自体、彼の“プロレス”だという可能性も高い。ただ、たしかに『あちこちオードリー』は芸人が笑いを語る番組です。また、“マニアがジャンルを潰す”というのもプロレスやお笑いに限らずよくある話。

 そのため、『あちこちオードリー』にも賛否の声があるのでしょう。しかし、いまや同番組のお笑い界への影響力は絶大。深夜番組ですから世帯視聴率は2%ほどですが、業界視聴率は抜群に高いんです」(前出の放送作家)

 さらに同番組は、ネットでの配信がすごいのだ。民放公式テレビポータル「TVer」は8月6日、2021年4―6月期の全配信番組を対象とした「番組再⽣数ランキング」を発表。

「バラエティランキング」で1位となったのは『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)、2位は『水曜日のダウンタウン』(TBS系)、そして3位には『あちこちオードリー』がランクイン。『あちこちオードリー』が多くの視聴者から支持されていることがうかがえる結果となった。

 また、2020年10月にはゲストにお笑いトリオ・パンサーの向井慧(35)を招き、第1回目となるオンラインライブ「祝!あちこちオードリー開店1周年パーティー~春日の店、今夜は完全予約制ですよ!~」が行われた。

「リアルタイムで3万枚以上、アーカイブも含めて合計4万2000枚ものチケットを売り上げ、1億円以上の収益になったといいます。さらに8月16日にはゲストにハライチを迎えて第2回のオンラインライブが行われ、リアルタイムで6万視聴という記録を達成。

 チケット料金は2000円ですから単純計算で1億2000万円の売り上げですし、アーカイブ視聴を含めるとさらに売り上げを伸ばすことになりそうです。グッズ付きのチケットも発売して、完売していましたからね。『あちこちオードリー』は今やそれほどのモンスター番組なんです。

 だからこそ、第一線で活躍する芸人のみならず、星野源さん(40)などの人気タレントも“出たい”と番組に出てくれる。一方で、番組の影響力は日に日に大きくなってきている。だからこそ、がケンコバさんのように“芸人がお笑い論を語る番組”に懸念を抱く人もいて、『あちこちオードリー』にも賛否の声があるということではないでしょうか」(前同)

 芸人界に大きな影響力を誇る『アメトーーク!』から宮迫が完全に去り、『あちこちオードリー』がそのポジションに迫ろうとしているのかもしれない――。

関連リンク

  • 8/25 7:40
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます