キンプリ『24時間テレビ』で大惨敗歴代29位…冠番組『King & Princeる。』レギュラー化中止は「結果オーライ」!?

拡大画像を見る

 日本テレビ系『24時間テレビ44』が8月21日と22日に放送され、全枠の世帯平均世帯視聴率が12.0%(すべてビデオリサーチ調べ、関東地区)で、全44回中、歴代29位だったことが明らかになった。

 今年の『24時間テレビ』では、King&Prince(キンプリ)が初のメインパーソナリティーを担当し、平野紫耀(24)がドラマスペシャル『生徒が人生をやり直せる学校』に主演した。また、21日深夜に放送された『有吉の壁』スペシャルでは、芸人たちのネタにメンバー全員が参加。

 さらに「King&PrinceVS全国スゴ技達人5番勝負」では「カニ甲羅積み」「プルーン種飛ばし」など、日本全国のスゴ技達人たちとメンバーが対戦。10人のランナーがリレー形式で約100kmの距離を走る縦軸企画「復興への想いをつなぐ募金リレー」では岸優太(25)が第1走者として走るなど、キンプリ5人は大奮闘の活躍ぶりだった。

「しかし、結果的に世帯視聴率は歴代29位という厳しい結果に終わってしまいました。ただ、昨今テレビ局が重要視している13~49歳のコア視聴率は決して低くなかった。21日の番組冒頭は7.7%、平野のドラマが放送された時間帯でも7.8%、22日のフィナーレでも10.8%という高い数字をたたき出しています。

 コア視聴率10.8%というのは8月16日~22日までの全テレビ番組の中で断トツの最高視聴率です。現在、最も求められているコア視聴率は非常に高く、日テレ的には全然OKという評価なのではないでしょうか。

 しかし、『24時間テレビ』といえば、ファミリーやシニア層が見る夏の風物詩とも言える番組でもあり、全体としてはこれまでと比べると低い水準に終わってしまった、というのも事実でしょうね」(制作会社関係者)

『24時間テレビ』の放送前から、日テレ内部には「キンプリではちょっと足りないのではないか」という声もあったという。

「ジャニーズファンにしてみたら、彼らはスーパースターで“ポスト嵐”として期待を集める存在です。しかし、国民的人気があるのかと言われれば“まだ足りない”ということですよね」(前同)

■キンプリの初冠レギュラー番組が直前になって消滅したワケ

 2019年の『24時間テレビ』では嵐の5人がメインパーソナリティを務め、全枠の世帯平均視聴率は16.5%を記録。これは歴代13位だった。

「嵐は2019年1月に記者会見を行い、2020年末で活動休止することを発表。そういった意味でもこの年の『24時間テレビ』は注目を集めましたし、当時の嵐は文字通り国民的スターでした。

 また、昨年の世帯平均視聴率は15.5%。今年はそこから3.5%も落としてしまったわけですから、日テレ局内からも“やはりキンプリは国民的認知が足りていなかった”という声が上がっても仕方がないと言えるでしょう」(前出の制作会社関係者)

 そんな中、キンプリにとって初となる冠レギュラー番組がこの秋よりスタートすると複数のメディアが伝えていたものの、それが直前になって消滅してしまった、という。

 7月1日付の『NEWSポストセブン』では、日本テレビの深夜枠で10月からキンプリの冠番組がスタートしそうだとしていた。その番組の“パイロット版”とみられていたのが、5月23日のデビュー3周年記念日に放送された『King&Princeる。(キンプる)』(日本テレビ系)だった。

「秋の改編で、火曜深夜23時59分からの『ウチのガヤがすみません!』が終了し、同枠で『キンプる』がレギュラー化するという話が、ほぼほぼ決まりというところまで話が進んでいました。実際、広告代理店にまで話が行き、制作の準備が進んでいたといいます。

 しかし、どうやら、23時56分から裏のTBSではジャニーズWESTのレギュラー番組『パパジャニWEST』が放送されているということもあり、そこの部分の調整がつかず、“裏かぶり”を避けるために今回はキンプリの番組は見送り、という形になったようです。

 代わりに10月からは、かまいたちと指原莉乃(28)がメインを務める『超無敵クラス』が始まることになったといいますね」(芸能プロ関係者)

■「このタイミングで『キンプる』がスタートしなくてよかった」

 キンプリとしては『24時間テレビ』を成功させてから、秋から冠番組をスタートさせ、未来の国民的グループとして勢いをつけていきたいところだったかもしれない。

「ただ、『24時間テレビ』の世帯視聴率惨敗を受けて、“このタイミングで冠番組がスタートしなくてよかったのではないか”という声も聞こえてきています。強引に冠番組を始めて、低視聴率、不調が続けば心配や批判の声も出かねませんし、キンプリの評価も落ちてしまう。

 そのため、今はメンバーがそれぞれが力を蓄えて、準備が整ったら冠番組をスタートさせるという段階なのではないでしょうか。そういう意味では結果的に10月の『キンプる』はスタートが見送られてよかったとも言えるかもしれません」(前出の芸能プロ関係者)

 キンプリは一歩ずつ着実に国民的グループへの道を歩んでいくことになるのだろう――。

関連リンク

  • 8/25 7:21
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます