竹財輝之助の演技が光るBLドラマ『ポルノグラファー』や映画作品に注目!

拡大画像を見る

妻から浮気を疑われる夫を演じた『にぶんのいち夫婦』(テレビ東京系)や、女性医師の恋人を演じた月9ドラマ『ナイト・ドクター』(フジテレビ系)など、話題作への出演が続く竹財輝之助。そんな彼を一躍有名にした『ポルノグラファー』シリーズをはじめ、竹財が過去に出演したドラマや映画がFODで配信されている。

2018年7月にFODで配信がスタートした『ポルノグラファー』は、丸木戸マキの同名コミックを原作に男性同士の恋愛を描いたオリジナルドラマ。FOD史上最速で100万回再生を達成し、後に続編や劇場版が作られるほどの大ヒットを記録した。大人の色香漂う官能小説家の木島理生を演じた竹財は、本作で本格ブレイク。久住春彦を演じた猪塚健太との掛け合いや大胆なラブシーンは大きな話題となった。

そして、続編であり前日譚でもある『ポルノグラファー~インディゴの気分~』では、春彦と出会う前の木島を熱演。木島の新たな一面を引き出した竹財の演技力に、SNS上では絶賛のコメントが続出した。FODでは前2作や劇場版の他にも、劇場版へのプロローグとなる『ポルノグラファー~春的生活~』や、劇場版のその後を描いた『ポルノグラファー~続・春的生活~』なども配信中。竹財が演じる木島をたっぷりと堪能することができる。

また、竹財は『ポルノグラファー』以前からFODのオリジナルドラマに参加。イマドキ女子の本音トークが炸裂するコメディドラマ『ラブラブエイリアン』(2016年)では、合コンの男性メンバーを束ねる最年長キャラを演じ、入山法子と志尊淳が主演を務めたラブコメディ『きみはペット』(2017年)では、主人公の初恋の相手で大学時代の先輩を演じている。

現在は魅力あふれる大人の男を演じることが多い竹財だが、もともと役柄の幅広さには定評があり、これまで様々なキャラクターに挑戦。俳優デビュー作の『仮面ライダー剣(ブレイド)』では純粋で真面目な青年・白井虎太郎を好演し、主演作の『東京男子図鑑』では全10話の中で20歳の青年・翔太が43歳になるまでを演じきり、高い評価を得た。これらのドラマ作品のほかに、松下奈緒の相手役を務めた『未来予想図』や、蒼井優と共演した『百万円と苦虫女』など、竹財が参加した映画作品もFODで視聴することが可能だ。

2022年にはNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』への出演が決まるなど、演技派俳優として注目を集める竹財。そんな成熟期を迎えつつある彼の過去作を、今こそチェックしてみてはいかがだろう。

関連リンク

  • 8/25 7:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます