「私に夢中じゃなかったの…?」交際3ヶ月でフラれた女の、致命的なミスとは

ようやく付き合えた彼から、別れを切り出されてしまった女たち。

「私は別れたくないのに、どうして…?」

彼氏に夢中になる女のなかには、自らの行動で関係を壊してしまう“恋愛クラッシャー”が存在する。

では彼女たちの何が原因で、この恋はクラッシュしてしまったのだろうか?

今回の悩める女子:浅田美緒(29歳・ウエディングプランナー)


「既読スルーから、もう1週間も経つのかあ…」

付き合い始めて3ヶ月の彼氏・拓馬のことを考えてしまい、勤務中だというのにため息が漏れた。

今は、担当している新郎新婦が披露宴で流す、馴れ初めVTRをチェックしている。幸せそうな映像を見ているせいで、より悲しい気分になってきた。

仕事でたくさんの花嫁に関わってきた私も、29歳。

「そろそろ結婚を考えられる相手と付き合いたい…」とボヤいていたところ、大学時代の友人である優子が、4歳年上の彼を紹介してくれたのだ。

「連絡はマメだし、フットワークも軽いから美緒に合うんじゃないかな」

その言葉通り、拓馬は積極的に連絡をくれた。休みの日は車で迎えに来てくれて、ランチやちょっとしたドライブにも連れて行ってくれた。

私が好きだと言ったコーヒー店のカフェモカが、助手席のドリンクホルダーに置いてあったときは、さりげない気遣いが嬉しかったことを思い出す。

そして迎えた、5回目のデート。

「なんか、俺たちって付き合ってるみたいだよね。…いや。付き合って欲しい、です」

遠慮がちな告白だったけれど、普段からよく気を使ってくれる拓馬らしいと思い、ほっこりした気持ちでOKしたのだった。

ところが、その3ヶ月後。

拓馬から、LINEを既読スルーされることが増えてきたのだ。

男の既読スルーに女がしたこととは?

クラッシュしてしまった行動は1or2どっち? Action1「既読スルーにもめげずにLINE」


拓馬:急な人事異動があって、仕事がかなり忙しいんだ。だから次のデートはリスケさせてもらえないかな…?
美緒:わかった!お仕事がんばってね。

拓馬からの連絡がわかりやすく減っていったのは、このやり取りの後だった。

― これまでも仕事が忙しいときはあったみたいだけど、連絡だけは欠かさなかったのに。

でも忙しい時期が過ぎれば、また前みたいに会える。そう思って、拓馬を気遣いながら連絡を待つことにした。

だけど1日1回から、2日に1回。そして3日間連絡がこなくなるようなことが何度か続き、この間なんて1週間も既読スルーされた。

「もしかして、浮気?」と勘ぐったけれど、連絡が取れないことには何をどう疑えばいいのかもわからない。

こうしてしびれを切らした私から、既読スルーにもめげずにLINEすることが増えていったのだった。

美緒:お疲れさま!今日はもう仕事終わった?
拓馬:うん、今帰ってるところ。最近ヤバいんだ、忙しすぎて。
美緒:そっか。頑張ってるんだね。でも、たまには拓馬からも連絡くれたら嬉しいな。

それなのに、送ったLINEにはまた返事がこない。

― これって私、冷められたってこと?

“既読”の2文字がむなしい。

付き合い始めてしばらくは、拓馬のほうが夢中になって私のことを追いかけてくれていたのに、今はその反対だ。だからこそ余計に、彼のそっけない態度が不安になる。

それでも不安に負けないよう彼を気遣うLINEを続けていたが、既読スルーが続くと我慢できず、拓馬を紹介してくれた優子に泣きついてみた。

「最近さ、拓馬からあんまり連絡がこないんだよね」

「美緒たちって、付き合い始めて3ヶ月だっけ?ちょっと落ち着いてきた時期で、そういうものなんじゃない。男の人って、私達とは恋愛に対する考え方が違うっていうし」

― 考え方が違うってどういうこと?

優子とランチをした帰り道。先ほどの言葉を反芻しながら、スマホの検索画面に「恋愛」や「男性心理」と打ち込んでみた。

どうしたら前みたいに拓馬から連絡をくれたり、会いたいと言ってくれるようになるんだろうと思いながら。

Action2「即レスをやめて、彼をちょっと振り回す」


“付き合いが長くなるにつれて愛情が深まる女性とは反対に、情熱が落ち着き、愛情が冷めていくのが男性”

“男は追いたい生き物。追えば追うほど、気持ちは離れていく”

拓馬の気持ちを再燃させたい一心で、ひたすらこの手の記事を読み漁った私は、自分から連絡するのをやめるという方法を実践してみることにした。

― きっと、慌てて連絡してくるはず…!

すると予想通り、拓馬から連絡がくるようになったのだ。

拓馬:もう少しで仕事が落ち着くから、ゆっくりご飯でも食べに行こう!早く美緒に会いたいよ。

「わ、やった!」

久しぶりに連絡が来たのは嬉しかった。けれど、ここですぐ返信したら立場が逆転してしまうかもしれない。そうはさせないと、この日は返事をせずに眠った。

そうしたら翌朝、拓馬から新たなメッセージが届いていたのだ。

拓馬:美緒、ごめんね。連絡できないことが多くて。怒ってる?
美緒:怒ってないよ!ごめんね、疲れて寝ちゃってたみたい。

それからも既読スルーをしてみたかと思えば、ときには即レス。

こんなふうにしてLINEのやり取りに緩急をつけたり、今すぐ会いたいとちょっとしたわがままを言ってみたりするようになった。

すると拓馬からの連絡も増え、デートにも誘ってくれるようになったのだ。

拓馬:今週、どこかで会えないかな?

― やっぱり男は追わせなきゃダメね。男性心理って、意外と単純?

そして約束の日。約1ヶ月ぶりのデートで、拓馬からこう言われた。

「美緒、ごめん。もう別れよう」

― えっ、どうして?私のこと、また追いかけてくれてたんじゃないの?

Action1と2、拓馬はどちらが嫌だったのか…?

飯塚拓馬(33歳・スポーツ関連会社勤務)の答え


同じ会社の広報部で働いている、大学の後輩・優子。彼女にいきなり、こんな提案をされた。

「先輩に紹介したい子がいるんですけど、どうですか?真面目で仕事もがんばってて…。それに美人ですよ!」

「そんな子いるなら、早く紹介してよ!」

学生時代の友人も、会社の同僚も既婚者が増えてきた。

そろそろ自分も「結婚を視野に入れて付き合える人を探さないと…」と思っていたから、すぐに彼女を紹介してもらったのだ。

そこで出会ったのが、美緒だった。

品があって落ち着いて見える美人だけれど、親しみやすい笑顔が魅力的な子。

すぐに好意を抱き付き合いだしてからも、元々マメな連絡が苦にならない僕は、他愛ないことで彼女によくLINEしていた。

それが、付き合い始めて3ヶ月経った頃。急な人事異動があったせいで、これまでにない忙しさに見舞われてしまったのだ。

― これじゃ、デートもしばらくできそうにないなあ。

真っ先に美緒のことが頭に浮かんだが、仕事に追われて連絡の回数もどんどん減っていってしまった。

彼女は、そんな状況を理解してくれたのだろう。それでも優しい言葉をかけてくれる美緒は、多忙な日々の貴重な癒しだった。

美緒:今日もお仕事お疲れさま!天候が不安定だから、体調には気をつけてね。

こうして僕のことをいたわってくれるLINEがちょこちょこ送られてくるので、なかなか返信はできなかったが、嬉しい気持ちでいたのだ。

…ただ、そう思っていたのは自分だけだったのかもしれない。


悪いなとは思いつつも、LINEを既読スルーする日が続く。すると、美緒からの連絡がパタッと途絶えた。

これには焦って自分から連絡をしてみたけれど、それにも返事がない。

― あぁ、怒らせちゃったかな。それとも、もう嫌になったのかもしれない。

そんな不安な気持ちでいると、翌朝には彼女から返信が来た。幸いにも怒ってはいなかったから少し安心したけれど、この頃からどうにも様子がおかしくなったのだ。

以前はメッセージを送れば、すぐに返事をくれた。それが何日間も既読スルーだったり、かと思えば即レスしてきたり。

この前なんて、夜中に「今すぐ会いにきて欲しい」とまで言い出したのだ。

普段だったらかわいいと思えるわがままも、今はなんだかため息が漏れてしまう。

美緒の中で、何かあったのだろうか。不安定なやり取りが気がかりで、いつの間にか彼女に振り回されてしまっている自分に気づいたのは、あやうく仕事でミスしそうになったときだった。

― うわ!この資料、今日中に作らなきゃダメなやつだった。情けないなー、こんなミス。

かつては癒しの存在だった美緒が、今はどうだろう。

「どうしてこんなに疲れるんだろう。彼女の考えがまったくわからない…」

噛み合わない連絡のペースが、だんだんとストレスになってきた。

彼女には、こういうときほどいつも通りにどっしりと構えていて欲しい。と言っても、今の状況を説明不足のままにしている自分にも責任はあるのだが。

心の拠り所もなく疲れ切ってしまった僕は、次のデートで彼女に別れを切り出したのだった。


Action1「既読スルーにもめげずにLINE」
答えは✕ ⇒返せなくて悪いなと思いつつ、彼女からくる“お疲れさまLINE”が実は嬉しかった。

Action2「即レスをやめて、彼をちょっと振り回す」
答えは〇 ⇒彼女の考えていることがわからなくなり、面倒くさく思ってしまった。


▶他にも:女と関係を持ったあと、“ある事実”を知って一気に冷めた男。本人には決して言えないワケ

▶Next:9月1日 水曜更新予定
「それくらい、みんなやってるでしょ?」男を震えさせた、女のSNSの使い方とは

画像をもっと見る

関連リンク

  • 8/25 5:05
  • 東京カレンダー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます