住野よるのおすすめ小説作品6選

拡大画像を見る

小説投稿サイトでの活動が目に留まり、デビューを果たした作家・住野よる。「君の膵臓をたべたい」などをはじめ、実写化されるほど人気の高い作品を次々と世に生み出しており、注目を集めています。今回は、知名度の高い人気作から、最終作まで。おすすめの作品を紹介していきます。

1:君の膵臓をたべたい

この商品の販売サイトをチェック

君の膵臓をたべたい (双葉文庫)

¥ 734

https://m.media-amazon.com/images/I/81EKy0A6SmL._AC_UY218_.jpg

詳しく見る


発売日:2017/4/27

〇あらすじ
病院で拾った一冊の本、「共病文庫」。
それは、クラスメイト・山内桜良の日記だった。
興味本位で中身を覗いてしまい、彼女は余命いくばくもないことを知る。
この出来事が、日常を大きく変化させていく…。

〇おすすめポイント
住野よるの世界観を知るならまずはこの作品から!
もともと投稿サイトに掲載されていたもので、作家としてのデビュー作になります。
残された時間を懸命に生きる彼らの結末は、衝撃的な展開が待っていました。

〇映画も必見
北村匠海、浜辺美波で実写化されています。
病を抱えながらも懸命に生きる桜良を演じる浜辺美波と、社会から孤立して生きる主人公を演じる北村匠海。両者とも、原作の雰囲気ぴったりで、最後は涙なしには見られませんでした。

君の膵臓をたべたい(2017)

君の膵臓をたべたい(2017)

2017年/日本/115分

作品情報 / レビューはこちら

2:また、同じ夢を見ていた

この商品の販売サイトをチェック

また、同じ夢を見ていた (双葉文庫)

¥ 723

出典:https://m.media-amazon.com/images/I/81LjBnyfBtL._AC_UY218_.jpg

詳しく見る


発売日:2018/7/11

〇あらすじ
小柳奈ノ花は、どこか達観した視点を持った小学生。学校には友達がおらず、「アバズレさん」と「おばあちゃん」の家に遊びに行くのが日課となっている。
ある日、仲の良い二人が不在だったため、普段は通らない道を進む。そこには「南さん」と女子高生がいて…。

〇おすすめポイント
主人公は、幼いけれど達観した価値観を持った小学生。人生を別のものに例えるのが口癖が印象的で、共感できるような台詞が見つかるかもしれません。
物語には、「アバズレさん」、「おばあちゃん」、「南さん」といった人物が登場します。彼女たちのふれあいが、小柳奈ノ花の価値観を変化させていきます。

3:よるのばけもの

この商品の販売サイトをチェック

よるのばけもの (双葉文庫)

¥ 713

出典:https://m.media-amazon.com/images/I/81ytiT3G+fL._AC_UY218_.jpg

詳しく見る


発売日:2019/4/10

〇あらすじ
安達は、夜になるとバケモノになる。目が8つ、足が6つ、尾が4つ。
おそましい姿に変身して、海や観光地へと足を伸ばす。
いつもの夜、ふと忘れ物を取りに行こうと学校へ向かう。
そこには、クラスで嫌われている矢野さつきがいて…。

〇おすすめポイント
多感な十代は、悩み事も尽きません。安達やさつきも、なにかしら問題を抱えています。
そういった要素が、特別な出会いを生み出す要素となったのかもしれません。
しかしその裏の顔は、関係を深め合わなければ見えない部分もあります。
今まで知らなかった裏の顔を知った安達はどう変化していくのか。
人によって結末の捉え方が異なるかもしれません。

4:か「」く「」し「」ご「」と「

この商品の販売サイトをチェック

か「」く「」し「」ご「」と「 (新潮文庫)

¥ 693

出典:https://m.media-amazon.com/images/I/81iqemAyYtL._AC_UY218_.jpg

詳しく見る


発売日:2020/10/28

〇あらすじ
京、ミッキー、パラ、ヅカ、エル。彼らは、特別の能力を持っている。
人の頭の上に記号が現れ、その種類によって気持ちを察することができるのだ。
あまり役に立たない能力だけれど、「視えて」しまうから無視せずにはいられない。
高校生たちが織りなす複雑な人間関係…。

〇おすすめポイント
舞台となる学校は、ひとつの社会が形成されています。
複雑な人間関係を、どのようなスタンスで過ごすか。
酷似した能力は持っているけれど、それぞれが異なる価値観を持っています。
どれも正しくて、間違っている。共感できる人もいれば、全く理解できないキャラクターもいるでしょう。
人生において、切っても切れないテーマが込められているように感じます。
大人にも読んで欲しい一冊。

5:青くて痛くて脆い

この商品の販売サイトをチェック

青くて痛くて脆い (角川文庫)

¥ 748

出典:https://m.media-amazon.com/images/I/81K2lsS0h+L._AC_UY218_.jpg

詳しく見る


発売日:2020/6/12

〇あらすじ
田端楓は、自身の信条で人と関わらない人生を送ってきた。しかし大学1年生になり、秋好との出会いが日常を大きく変える。自身とは正反対とも言える生き方をしている秋好に段々と惹かれていく。そしてふたりは、「モアイ」というサークルを立ち上げる。
月日は流れ、秋好はいなくなった。楓は全てを奪い、当初とは変貌した「モアイ」へ復讐を開始する。

〇おすすめポイント
高校生が主人公の作品が多い傾向にありますが、本作は大学を舞台にしています。
そして秋好がいなくなった理由が明かされた時、予想外の展開が待っていました。
アッと驚かされた一冊。

〇映画もおすすめです
本作は、吉沢亮と杉咲花主演で映画化されました。
なんといっても、原作の雰囲気そのままの演技が魅力。

青くて痛くて脆い

青くて痛くて脆い

2020年/日本/118分

作品情報 / レビューはこちら

6:「麦本三歩の好きなもの」シリーズ

この商品の販売サイトをチェック

麦本三歩の好きなもの 第一集 (幻冬舎文庫)

¥ 693

出典:https://m.media-amazon.com/images/I/813cUZKOb6L._AC_UY218_.jpg

詳しく見る


発売日:2021/1/14
巻数:2巻

〇あらすじ
麦本三歩。20代女性。図書館勤務。
先輩たちに怒られたり褒められたりしながら仕事をこなす。
休みの日は、友人と旅行に出かけたり、電話をしたり。
どこにでもある平穏な日常だけれど、愛しいものが詰まっている。そんな毎日。

〇おすすめポイント
短編形式で綴られる物語は、どこかエッセイのような感覚にとらわれる一冊。
人生というのは、創作の世界と違ってドラマティックな展開はそれほどありません。
そのほとんどが退屈でつまらないとされる毎日。
だからこそ、愛しく感じることもある。そんな気持ちを再確認できる一冊。

関連リンク

  • 8/23 19:25
  • 映画board

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます