SPACE VIEW社が福島県会津若松市・南相馬市に新たな研究開発拠点を設立


CUBESAT開発、衛星データ解析ならびにリモートセンシングテクノロジーを駆使した研究開発を手がけるSPACE VIEWは、福島県会津若松市・南相馬市に新たに研究開発拠点を設立した。

今後は、この会津若松市・南相馬市に東京本社を加えた3拠点で開発・共創を加速させ、人工衛星データや宇宙関連技術を活用した新たなサービス創出においてリーディングカンパニーとなれるよう邁進していくという。

これにあわせ、スペーステックに関心のある企業のほか、防災や防犯、観光業などに取り組む人々とも手を取り合いながら進めたいという思いで、協業企業の募集もアピールしていく。

また、Uターン、Iターン、地元大学(会津大学、福島大学)のインターン生を積極採用中という。

拠点開設の経緯

SPACE VIEW社は、2020年11月の設立以降、宇宙産業の持続可能性ならびに発展性を高める方策を模索し、企業のみならず個人の衛星利活用における産業障壁の軽減・撤廃、開発課題の解決による共創・協業の促進をめざしてきた。

そのためには、自社で提供できるテクノロジーをさらに磨き上げ、何より自社からフラッグシップとなる取り組みを具現化することが急務であると考え、二拠点を同時開設することとなった。

各拠点のミッション

スペーステック事業という響きから、マスレベルでの施策推進にフォーカスが当たりがちだが、SPACE VIEW社は、「スマートシティ・地方創生・復興支援の推進等において、衛星データやリモートセンシングが当たり前のように利活用される未来」こそ、技術が広く伝播する鍵になると考えてきた。そこで、各拠点のミッションを下記のように定め、開発と実証を両輪で推し進めていくという。


■会津若松オフィス
会津若松オフィスは、オープンデータ、GIS(地理情報システム)、衛星位置情報を組合わせたデジタルツインの構築、およびロボット、ドローン向けのサービスプラットフォームを構築し、リモートセンシングを活用した防災、防犯、観光業向けのサービスの実現を目指す。

■南相馬オフィス
南相馬市オフィスは、地元企業との共創、協働を軸に地方創生、復興支援を目指す。ロボットテストフィールドでの実証実験、ロボット実証フィールドでの実証実験を重ねて、実証データを蓄積し、リモートセンシングを活用した防災、防犯向けのサービスの実現を目指していく。

画像をもっと見る

  • 8/24 13:29
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます