後半ATに劇的決勝弾…セビージャで開幕2戦連発と躍動のラメラ「特別な気持ちだ」

拡大画像を見る

 セビージャのアルゼンチン代表FWエリック・ラメラは、自身が決勝ゴールをあげたヘタフェ戦後にインタビューに応え、その心境を語った。23日、クラブが公式サイトで伝えている。

 セビージャは23日、アウェイのラ・リーガ第2節 ヘタフェ戦を戦った。試合はスコアレスで迎えた90+3分、この日がデビューとなったラファ・ミルが左サイドから抜け出すと、一対一のシュートはポストに当たる。するとこの跳ね返ったボールを、同じく新加入で途中出場のラメラが押し込んで劇的決勝ゴール。セビージャは2連勝を飾った。

 開幕節でも途中出場からホームで2得点をあげて、ホームのセビジスタの心を掴んでいたラメラ。トッテナムから活躍の場を求めてやってきたレフティーは、加入から2戦連発となったこの日のゴールへの喜びを隠さず、その思いを口にした。

「幸運なことに最後に勝ち点3を手に入れることができて、特別な気持ちだよ。チームの勝利にとても満足している」

「自分の最大のパフォーマンスを与えるため、そしてできることすべてを発揮するために僕はやってきた。こういう形でスタートできたことはラッキーで素晴らしいことだが、僕にとってまだまだやるべき多くのことがあるよ。僕ももっと成長しないといけないし、チームも成長しないといけない」

「開幕からの2試合は勝利することができた。これはプレシーズンの間僕らが求めてきたことで、良いスタートだ。幸運なことにこういった形で進むことができていて、勝ち点6を手に入れられたから、このまま続けていきたいね」

関連リンク

  • 8/24 11:29
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます