岩本蓮加(乃木坂46)、宝田明と70歳差W主演「多くの方に観ていただけたら嬉しい」映画『世の中にたえて桜のなかりせば』公開決定

乃木坂46の岩本蓮加と宝田明がW主演を務める映画『世の中にたえて桜のなかりせば』(配給:東映ビデオ)が、2022年に全国公開することが決定した。

“終活アドバイザー”のバイトをしている不登校の女子高生・咲(岩本蓮加)が、同僚の敬三(宝田明)とともに、さまざまな境遇の“終活”を手助けするうちに、自身の生き方と向き合い始めるというストーリーとなる同作。

乃木坂46で活躍する17歳の岩本蓮加は、同作で映画初主演。“終活”に悩む大人たちに真摯に向き合おうとする、等身大の女子高生を演じる。

W主演を務めるのは宝田明。岩本が演じる咲に寄り添い、彼女の新たな一歩を導き出す。同作の企画立案は宝田企画が担当し、宝田明自らもエグゼクティブプロデューサーを担当。さらに宝田の妻役は吉行和子に。

メガホンを取ったのは、多くの映画祭で短編映画賞を受賞し、短編作品『サイレン』(2017年)が国内外の映画祭で賞を受賞した、気鋭の若手監督・三宅伸行。主題歌は、理論派のITSUKIと感覚派のNARITOによる2人組ボーカルデュオ『all at once』が手掛ける。

タイトルの“世の中にたえて桜のなかりせば”とは、桜にまつわる詩からの引用。桜の季節と“終活”をテーマに、岩本蓮加(17歳)と宝田明(87歳)の“70歳”の年の差コンビが心温まるヒューマンドラマを描く。

コメント

岩本蓮加:
初主演映画ということでかなり緊張していてプレッシャーも感じていたのですが、それ以上に嬉しい気持ちでいっぱいでしたし、応援してくださっているファンの方々に喜んでもらえると思うとより嬉しく思えました。そして、W主演の宝田明さんとの共演は本当に夢のようで、撮影の合間に気さくに話しかけてくださったり、時にはアドバ イスもしてくださって、ものすごく貴重な時間を過ごすことができたと思います。

多くの方に観ていただけたら嬉しいです!

宝田明:
17才の時を思う。

戦後満州から引き上げてきた軍国少年であった。7つボタンは桜に錨と大声を張り上げ予科練を夢見ていた。死ぬような思いで帰国。桜に覆われた皇居を見た時の感動は忘れられない。

夜空の照明に浮かぶ堂々たる大樹。ひっそりとした野辺に1人咲く桜の老木。聖戦と言われながら悲しい運命を背負ったあの時代の彼等も17才の時。いっそ桜がなければ気を遣わずにのどかな気でいられるのに。

17才の岩本蓮加。物怖じせず素直に役に挑戦する姿。真剣で行儀正しい人柄は、これからの俳優人生を確かなものとして満開の花を咲かせるであろう。

『世の中にたえて桜のなかりせば』
■キャスト
岩本蓮加(乃木坂46)
土居志央梨 郭智博 名村辰 柊瑠美 伊東由美子
徳井優 吉行和子
宝田 明

■スタッフ
監督:三宅伸行
脚本:敦賀零 三宅伸行
エグゼクティブプロデューサー:宝田明
エンディング曲「蒼空」 Produced by 亀田誠治
歌:all at once 作詞:Ra-U、レオリ 作曲:Ra-U
製作:埼玉県/SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ TOKYOMX ビーイング 東映ビデオ
製作プロダクション:アルタミラピクチャーズ デジタルSKIPステーション 配給:東映ビデオ

2022年公開

©2021『世の中にたえて桜のなかりせば』製作委員会

関連リンク

公式サイト

画像をもっと見る

関連リンク

  • 8/24 9:00
  • Pop’n’Roll

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます