カリスマ店員からアイドルへ、”シュレーディンガーの犬” もいちゃん初水着

拡大画像を見る

個性派7人組アイドルグループ、“シュレーディンガーの犬”の、もいちゃん。アイドルを始める前はカリスマ店員として有名だった彼女のキャッチフレーズは「青のカリスマ」だ。

         

「私、中学校の卒業アルバムの〝夢〟にカリスマショップ店員って書いたんですよ。それで、高校中退して17歳からモールのアパレルショップで働き始めました。当時は髪の毛がピンクで、レインボーカラーの服着てました。私が考えたコーデを載せるブログを続けていたらランキングの1位を獲って、SNSのフォロワーも増えてカリスマ店員になる目標は達成したんです。去年「アイドルやりませんか」って声かけてもらって、自分もアイドルのオタクやってたし、シュレ犬はEDMロックの曲調で自分にも合ってるなって思って、参加を決めました。いまはめっちゃ忙しいけど、アパレルも忙しかったし全然苦じゃないですよ」


撮影◎栗山秀作


<雑誌情報>

週刊FLASH

8月24日(火)発売 

特別定価480円

  • 8/24 9:00
  • dwango.jp news

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます