『イッテQ!』“イモトの後任”にSixTONES京本大我!?『沸騰ワード』から2度の“パクリ”過去!

拡大画像を見る

 8月21日に放送されたラジオ番組『SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル』(ニッポン放送)で、SixTONESの京本大我(26)が山の魅力を語った。

「京本は番組前半、共演のSixTONES・田中樹(26)から、京本が御朱印集め企画で出演した8月13日放送の『沸騰ワード10』(日本テレビ系)の話題を振られます。京本は、この番組で御朱印集め企画を進行しています。入手困難な御朱印を求め険しい山に登り寺社を訪れており、8月13日の放送でも大分県にある断崖絶壁に架かる石橋“無明橋”に行くため、ほぼ垂直な崖を登るなどアイドルは思えないほど厳しいロケに挑んでいました。

 この過酷なロケについて京本は“街ブラロケみたいにふわーっと穏やかにやるもんだと思ったら、やっぱテレビ的に過酷な所に行きましょうってことで”と、元々は今とは全く違うロケを想像していたと明かしたんです」(女性誌記者)

 日テレ金曜日ゴールデンの人気番組『沸騰ワード』に出るにあたって、過酷なロケを行うことになった京本。しかし、ロケを何回か行なううちに山登りの魅力にハマってしまったようだ。

「京本は、“頂上の達成感。景色がもうそれはテレビで見ていただいて届けたいのもあるんだけど、登った人にしか感じられないものってある。山の魅力って下山も含めてなんだよね”“下山の方がつらいってよく言うんだけど、そこも含めて山っていう意味がすごい分かる、下山をしてみると。この道のり歩いてきたんだなーって思いながら”と、登山の魅力を力説。すっかり山登りの魅力に取り憑かれてしまったようです」(前同)

■京本を狙う日曜夜の人気番組の影……

『沸騰ワード』で見せる勇敢でたくましい姿、そして、登山に魅せられたと語る京本について、「彼はすでに狙われているかもしれない」と語るのは制作会社ディレクターだ。

「『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)が『イッテQ!登山部』に京本さんを引っ張れないか、と考えているかもしれませんよ。この企画は、イモトアヤコさん(35)を中心に行なわれていて、これまでイモトさんは南極大陸最高峰のヴィンソン・マシフ、欧州のマッターホルン、日本でも立山連峰の剱岳などさまざまな山を登り、最終的にエベレスト登頂を目指しています」(前同)

 すでにイモトという看板タレントがいる『イッテQ!登山部』だが、8月15日の『イッテQ』でイモトが第1子を妊娠していることを公表したのだ。

「イモトさんは“なるべくスパーンと産んで、スパーンと帰ってくるのでよろしくお願いします”と番組で話していました。しかし、産休で離脱する期間は出てきますし、何より子育てもあるのに危険な登山ロケに復帰できるのかは微妙なところですよね。『登山部』では、MCのウッチャンナンチャン・内村光良さんも過去に冬の富士山登頂をやったことがありますが、現在57歳で年齢の壁もあります。

 そうなると『登山部』の企画を継続させるには、新しいタレントを加え強化を図る必要があるでしょう。京本さんは『沸騰ワード』である程度の山登り経験があって、その魅力にも気づき始めている。それに26歳と若く、ジャニーズタレントで体力にも自信もあるでしょうから、『登山部』の新メンバーになるにはうってつけとも言える人材です。

 また、ジャニーズアイドルの中でも際立つ京本さんの品の良い爽やかなルックスは、ファミリー層が多く見る『イッテQ』にはドンピシャ。加えて、彼は抜群の天然ボケ一面も兼ね備えている。カッコ良くて、頑張れて、笑いも取れる。番組のニュースターになれる素質を十分持っていると言えそうです」(同)

■京本も当事者だった! 2度の“パクリ疑惑”の因縁

 そんな『イッテQ』には、実は2回の“前科”がある。

「実は、同じ日テレの番組とはいえ、過去に『イッテQ』が『沸騰ワード』の企画をパクったのではないか、との疑惑が2度も起きているんです」(前出の制作会社ディレクター)

 最初の疑惑が出たのは、昨年7月に放送されたいとうあさこ(51)の企画『いとうあさこのミステリーツアー IN 山陰地方』でのことだった。

「このロケでいとうさんは、鳥取の三徳山三佛寺奥院にある『投入堂』というかなりハードな山道の先にある場所に向かおうとします。番組ではいとうさんが、山道を登ろうとしたタイミングでいきなり“しかしここで問題が!”とナレーションが入りVTRがストップ。

 なんと『沸騰ワード』でも京本さんが『投入堂』に行くロケをしていて、ほぼ同時期にオンエアされることが社内で発覚してしまったというんです。結局“プロデューサー同士で話し合った結果、我々は負けたのだ”と説明が入り、いとうさんの登山シーンはカットされました」(前同)

 さらに、今年6月27日放送回では、森三中ら女性芸人6人が参加する温泉同好会が、自衛隊に体験入隊する、という企画が組まれたが、

「『沸騰ワード』で放送されているメイプル超合金のカズレーザーさん(37)が出演する『自衛隊に取り憑かれたカズレーザー』という企画が行なわれており、なおかつこちらの人気が高いために、『イッテQ』の企画に“パクリでは?”との声が出ていました」(同)

 制作会社ディレクターは続ける。

「イモトさんが今後『登山部』に参加できるか分からない。さらに京本さんは『沸騰ワード』の“登山企画”で活躍していて、『イッテQ』に出演するジャニーズタレントの枠も昨年6月に手越祐也さん(33)がジャニーズ退所に伴って降板してから空白が続いています。

 京本さんは、『イッテQ』にとってこれ以上にないタレントでしょう。番組の出演者を取るような行為は、同じ局内でも禁断中の禁断と言える。ただ、京本さんはまだ『沸騰ワード』の番組レギュラーではない。そして、『イッテQ』は日曜日の夜に君臨する国民的番組。また過去の2回の“パクリ疑惑”を見るかぎり、『イッテQ』にはなりふりかまわないところがありますからね。もしかすると“電撃移籍”なんてことも……」

 稀有な才能を発揮しつつある京本を巡り、今後、大争奪戦が繰り広げられるのかもしれない――。

関連リンク

  • 8/24 7:36
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます