妊婦を疑似体験した男性、ベッドから起き上がれず「簡単だと思ったけど…」(豪)

拡大画像を見る

オーストラリアに暮らす動画クリエイターのメイトランド・ハンリーさん(Maitland Hanley)が、6月21日にTikTokに投稿した動画が話題となっている。動画にはメイトランドさんが妊婦を疑似体験している様子が捉えられているが、再生回数は1580万回を超え、8月22日に英メディア『Mirror』が伝えたことによりさらに注目が集まった。

メイトランドさんは恋人のジェスさん(Jess)と一緒に暮らしているが、彼女が妊娠したことをきっかけに妊婦を疑似体験することにした。メイトランドさんはジェスさんの手を借りて5キロ以上はあるとみられるスイカを食品用ラップフィルムを使ってお腹に巻きつけ、さらにジェスさんのアドバイスにより胸にメロンを2玉巻きつけた。

そしてジェスさんに言われるまま、朝の起床するシーンから体験した。ジェスさんに「毎朝、まず大変なことはベッドから起き上がることよ」と言われたメイトランドさんは「こんなの簡単さ。まあ見てなって」と強気な姿勢を見せている。

ところがベッドから起き上がろうとしたメイトランドさんの表情が一瞬曇った。いつものように上半身を起こそうとしたのだが、お腹と胸の重みで起き上がることができなかったのだ。そして脚で反動をつけて起き上がろうと試みたが、これも失敗に終わってしまった。

メイトランドさんは「起き上がれないよ」と呟いているが、そんな彼を見てジェスさんは笑いが止まらなかったようだ。その後、何度か試行錯誤した末にメイトランドさんはやっとベッドから起き上がり、「もっと簡単だと思ってたんだけどね」と妊婦にとってそれが容易でないことを痛感したようだ。TikTokに投稿された動画には次のような声が届いている。

「女性ってスーパーヒーロー(ヒロイン)だよね。」
「彼はなぜ手を使わなかったのかしら。」
「これにつわりや痛みに悩まされることになるから、これはまだマシな方ね。」

またある男性からは「中絶反対派の男性諸君は同じように疑似体験するべきだね」といった声が見受けられた。メイトランドさんはFacebookにも同じ動画のロングバージョンを投稿しているが、そこには車の乗り降りに苦労する彼の姿があり、途中で疲れてソファーで休む姿もあった。

メイトランドさんはFacebookに投稿した動画に「妊娠することがどれほど大変かを知った」と言葉を添えている。また最近の投稿には、誕生したばかりの愛息を嬉しそうに抱くメイトランドさんの姿がある。

画像は『MaitlandHanley 2021年6月21日付TikTok「Man tries being pregnant for a day」』『Maitland Hanley 2021年8月21日付Facebook「Super Proud Dad Here!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

関連リンク

  • 8/24 4:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます