都リゾート 奥志摩 アクアフォレストが「伊勢まだいフェア」を開催


都リゾート 奥志摩 アクアフォレストは8月20日(金)~10月31日(日)の期間、「伊勢まだいフェア」を開催中だ。全国上位の生産量を誇る三重県の養殖マダイに、ポリフェノールを多く含む三重県産原材料をブレンドしたエサを与えて育てた「伊勢まだい」。県南西部の南伊勢町から尾鷲市にまたがる8地区で生産している。

ディナーブッフェでは通常の約40種類の料理に加えて、「お造り」や「鯛めし」などで楽しめる。

「伊勢まだいフェア」

「伊勢まだいフェア」は、レストラン「はまなぎ」で実施。夕食の料金は、大人4,840円(税・サ料込)、小人3,390円(税・サ料込)、幼児(3歳~未就学児)2,600円(税・サ料込)となっている。


夕食のメニューはお造りやカルパッチョ、


鯛めし、


数量限定のお寿司などがラインアップ。

通常メニューには、郷土料理のてこね寿司や伊勢うどんをはじめ、お造り、お寿司コーナー、中華他、約40種類のディナーブッフェを用意。

また、朝食には、数量限定のあら炊きも。なお、食物アレルギーを持っている人は、予め従業員に伝えて。

伊勢まだいとは


「伊勢まだい」は、全国上位の生産量を誇る三重県の養殖マダイに、ポリフェノール類を多く含む三重県産「海藻」、「かんきつ」、「茶葉」の粉末をブレンドしたエサを投与して大切に育てられている。

マダイに投与したブレンド粉末は、魚の身質等の改善に効果があるといわれるポリフェノール類が含まれており、新鮮で日持ちがよく、臭みや脂分が少なく、さっぱりした味わいの身質。

養殖マダイは、良質なたんぱく質に加え、生活習慣病を予防する不飽和脂肪酸(DHA・EPA)をはじめ、ビタミンC、D、E、B1、パントテン酸が多く含まれている。様々な効能が期待される海藻、かんきつ、茶葉を投与して雄大な熊野灘の海で育てられた「伊勢まだい」は、新鮮で臭みや脂分が少なく、かつ安心して食べられる。

都リゾート 奥志摩 アクアフォレストで「伊勢まだいフェア」を楽しんでみては。

■都リゾート 奥志摩 アクアフォレスト
住所:三重県志摩市大王町船越3238-1

※営業日および営業時間を変更する場合がある。詳しくはホームページを確認を。
※同ホテルでは従業員のマスク着用、定期的なアルコール消毒、ソーシャルディスタンスの確保など、新型コロナウイルス感染防止対策を行っている。

画像をもっと見る

  • 8/23 16:22
  • STRAIGHT PRESS

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます