「よくあんな長い爪で施術できるな…」ネイルサロンあるある4つ

みなさんは、ネイルサロンに行ったことはありますか? 自分でケアしたり仕事の都合上ネイルができない人もいるかとは思いますが、「ネイルサロンが大好き」「自分でできないから定期的に通っている」という人も多いはず!
夏はイベントが多く、学校や仕事が長期休みになることもあり、普段はネイルをしなくても「夏限定でネイルサロンに行く!」という人も意外といるようです。サンダルからのぞく足のネイルだけする、という人もいますよね。
ということで今回は、そんなネイルサロンの「あるある」エピソードをまとめてみました。

ネイルサロンあるある

派手めカラーやデザインをオススメされがち…

「どういう色やデザインにするか迷うことが多くて、ネイリストさんにオススメを聞いてみたりするんだけど……原色やラメぎっしりとかの難易度が高めなカラーだったり、攻めたデザインを提案されることがある。『可愛いな』とは思うんだけどね……。でも結局、無難なデザインや色を選んじゃう」(27歳女性)

▽ ネイリストさんは職業柄、美意識が人一倍高かったり、トレンドに敏感だったりします。なので流行最先端のデザインやカラーをすすめてくれることがあるものの、「ちょっと難易度が高いかも……」と思って、尻込みしがちですよね。

ネイリストさんと会話が盛り上がらない…

「私の職場はお堅めで髪色は明るくできないけど、なぜかネイルはお咎めなしなので、こっそりネイルサロンに通っている。でも通っているサロンのネイリストさんたちは、みんな私よりずっと若くて、ギャル風の人ばかり。そのせいか、施術中の会話が全然盛り上がらない……。
無難に『コロナ、早くおさまるといいですね~』とか話したあとは、ひたすらDVDを観たり、空いた手でスマホをチェックしたり……」(36歳女性)

▽ 自分がアラサー以上で「若いネイリストさん」が多いサロンの場合、どうしても話が盛り上がらない、ということは起こりがちです。とはいえ決してネイリストさんが悪いわけではなく、気を使っていろいろ話題を振ってくれたりするのですが……。
沈黙が苦手でなければ、割り切ってDVDを鑑賞したり、スマホいじりに没頭するのもアリですよね。

「よくあんな長い爪で施術できるな…」と感心しちゃう…

「施術してくれるネイリストさんの爪を見ていると、長~いスカルプを付けていたり、自爪でもけっこうな長さがあることが多い。でもそんな指で、サクサク施術を進めてくれるわけで……『すごいな』って感心しちゃうよね。不器用な私は、短い爪で単色塗りするだけでも一苦労なのに……」(22歳女性)

▽ 筆者もネイルサロンに行くたびに、同じことを思いますね。施術だけでなく、普段の家事なども、長~い爪でサクサクこなしているんだろうな……と思うと、「やっぱり器用なんだな」と感心しちゃいますよね。

最後の写真撮影で恐縮…

「ネイルサロンでよくある、施術後のネイル写真の撮影。インスタとかブログとかに載せる用だと思うけど……。『写真とってもいいですか?』って聞かれるけど、『イヤです』とは言いにくい雰囲気。
で、当然かのように写真をとられるんだけど……私は指がゴツゴツしていて、正直自分の手元や足元に自信がない。しかもそういう日に限って、指毛を剃り忘れちゃったりするんだよね。あとでアプリで加工してくれているといいなぁ」(19歳女性)

▽ わ、わかります……! 特に足の指って、靴で圧迫されるからなのか黒ずんでいたり、日焼けしていたりしますしね。指毛の剃り忘れもありがちです。ですが大丈夫! 美意識が高いネイリストさんたちですから、きっとあとでしっかり写真を加工してくれていることでしょう……。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 8/23 14:00
  • 女子力アップCafeGoogirl

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます