【衝撃】ラッシュが「ユニコーンプープ(ユニコーンのうんち)」アイテムを発売だと!? 原宿にはポップアップスペースも出現します

拡大画像を見る

東京にある「ラッシュ(LUSH)」原宿店2Fに、期間限定ポップアップスペースがオープン。

実験的なプロジェクトをデジタルで行うための自社アプリ「Lush Labs App」のプロジェクトの一環として生まれたもので、第1弾のコンセプトは「ユニコーンプープ(ユニコーンのうんち)」!

原宿からインスパイアされたアプリ限定ボックス「ユニコーンプープ ボックス」の世界観を、リアルに体感できるそうなんです……!

【商品の中に入った気分になれる!?】

2021年8月20日から10月15日まで開催されるポップアップスペース。

第1弾「ユニコーンブープ」では、8月末よりアプリで販売される「ユニコーンプープ ボックス」(税込み5000円)が再現されています。

ボックス型の空間に “ユニコーンのバスルーム” が出現し、アプリでしか見れないアイテムを実際に手に取れる(!)ようになっているみたい。

【無条件に入れるわけではないんです!!!】

スペースに入場するにはアプリが必須。

しかも、アプリのミニゲームにクリアした人だけがゲットできる「解除コード」がないと入れない(!)らしく、なんだかワクワクしますよねぇ。

スペース内では、「ユニコーンプープ ボックス」にも含まれる「ユニコーンプープ ボム」と「ユニコーンプープ バブル」の2種類が購入可能。

一部の人にだけに許されたスペシャルな空間で、ゆったりとお買い物を楽しんでみてはいかがでしょうか♪

【kawaiiだけじゃなく未来的!】

「ユニコーンプープ ボックス」は、カラフルで自由な発想を楽しむ原宿カルチャーにインスパイアされたセット。

ユニコーンが落としたうんちをイメージした、虹色のバスボム・バブルバー・ソープと、バスアートが作れる3色のグリッターが含まれています。

同商品における最大の特徴は、ブランドとして初となるNFT(※デジタルデータの所有権を保証する技術のこと)アートを体験できる点!

ボックスに同封されたQRコード付きカードをスキャンすることで、バスボムをデジタルアートとして楽しめるんですって。

リアルとデジタルが融合した体験ができるだなんて、これぞまさしく近未来~~!

【シリーズで展開していくみたい♪】

同商品と連動しているアプリ「Lush Labs App」は、デジタルパッケージの役割も果たしており、

1. パッケージのない商品にカメラをかざす
2. AI機能が商品を認識
3. 原材料情報や商品使用方法の動画、バスボムが溶けた時の様子がわかる動画コンテンツなどを閲覧

といったことを実現。未来的であると同時に、環境にも配慮しているんです。

ちなみに、ポップアップスペースは「リアルとデジタルの連動体験ができる場」として、今後も3カ月ごとにテーマを変えて継続していくそうですよ。

入場無料なので、お近くの方は体験しに出かけてみるといいかも♪

参照元:App Store、Google Play、プレスリリース
執筆:田端あんじ (c)Pouch

関連リンク

  • 8/23 18:45
  • Pouch

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます