当てはまったら別れるべき?!実はお先真っ暗なカップルの特徴

拡大画像を見る


付き合っている彼との関係がうまくいかなくて、悩んでいる人もいるのではないでしょうか。別れが近づいているカップルには、ある共通点があります。今回は、付き合いが長続きしないカップルに見られる特徴を3つ紹介します。


会話がない

一緒にいるときにほとんど会話がないのは、別れが近づいているサインです。とくに付き合い始めたばかりなのに、デートをしている間、2人ともスマホをいじってばかりだというカップルは要注意。付き合いを長続きさせるためには、コミュニケーションが重要です。相性のよいカップルは、会話が途切れないので話題に困らないもの。たくさん話をするうちに、お互いのことを理解し合っていきます。彼とのデート中、会話が途切れがちではないかチェックしてみてくださいね。


家デートばかり

デートが家ばかりなのも、長続きしないカップルに見られる特徴です。家デートばかりだと、刺激がないためにマンネリになり、浮気心に火がつくこともあります。一緒にいても楽しくない相手とは、長く付き合いたいとは思いません。「もっといい子がいるかも...」と、他の女性に目移りするきっかけになってしまいます。たまには映画館やテーマパークなど、定番のスポットでデートをして思い出を作るのも大切です。


ケンカが増えた

男性が別れを決意する大きな原因は、ケンカが絶えないことです。短命カップルは、会うたびにケンカをするのが大きな特徴。ケンカの原因が嫉妬からくるものであれば、愛情があるので仲を深めるきっかけになることもあります。しかし、相手の嫌なところばかりが目について、つい嫌味を言ってしまうという人は、すでに気持ちが冷めている証拠かも。無理に付き合い続けずに、お互いに違う道を歩むのも1つの方法ですよ。

悩んでばかりの交際は、お互いにとってプラスとはいえません。今回の記事をヒントにして、彼との関係が修復可能かどうかをチェックしてみてくださいね!
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 8/23 17:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます