付き合っているのにどうして⁉デート中に手を繋ぐのを嫌がる彼氏の心理は?

拡大画像を見る


付き合っている人と手を繋いで歩きたいと思うのがカップルと言うものですが、なかには嫌がる彼氏もいますよね。
女性からしてみれば、大好きな彼氏が自分と手を繋ぐのを嫌がると正直ショックですし、本当は私のこと嫌いなのかな?と不安に思うことでしょう。
彼氏がデート中に手を繋ぐのを嫌がると、どうしてなの?何を考えてるの?と心理を知りたいと考えますよね。
そこでこの記事では、デート中に手を繋ぐのを嫌がる彼氏の心理は?についてご紹介していきますので、参考になれば嬉しいです。


歩きにくいから

やはり男性と女性とではどうしても身長差がありますので、デート中に並んで歩くと自然と歩幅が変わってしまい、歩きにくくなります。
つまり彼氏がデート中に手を繋ぐのを嫌がるのは、歩きにくいという理由があるのです。
基本的に男性はデート中は愛情よりも機能性を重視する傾向にありますので、あなたからしてみればちょっぴり複雑な気持ちになるかと思います。


手を繋ぐのが面倒くさいから

なかには面倒くさがり屋の男性もいますから、たとえ好きな彼女だったとしてもある程度付き合いが長くなると手を繋ぐのを嫌がる傾向にあります。
付き合い始めた頃は仕方なく手を繋いでくれますが、お互いに落ち着いてくるとデート中に嫌がって拒否をしてきますので、「愛情が無くなったのかな?」と不安に感じるかもしれません。
しかしあなたに対する愛情が無くなった訳ではなく、単純に面倒くさいという心理で手を繋ぐのを嫌がっていますから気分次第で繋いでくれます。


恥ずかしいから

デート中に手を繋ぐのを嫌がる彼氏は、普段から恥ずかしがり屋な性格をしていますから、人目を気にしている傾向にあります。
街中でデートをしている時にあなたと手を繋いで歩くことで、「誰かに見られる」「知り合いに冷やかされる」という心理になります。
たとえあなたが人目を気にしない性格だったとしても彼氏がこうしたタイプですと、デート中に手を繋ぐのを嫌がりますのでしっかりと理解してあげましょう。


手汗が気になるから

彼氏も大好きな彼女と手を繋いでデートをしたい気持ちがありますが、手汗が気になるという心理からつい嫌がる傾向にあります。
例えば「自分の手汗であなたに対して不快に思わせたくない」と感じていますので、恋愛をする以上はよくある問題です。
中には彼女の手汗が気になるからデート中に手を繋ぐのを嫌がる彼氏もいますので、自分の手汗を確認してみても良いかもしれません...!


まとめ

やはり彼女からしてみれば、付き合っている彼氏がデート中に手を繋ぐのを嫌がると、嫌いなのかな?とモヤモヤした気持ちになりますよね。
しかしこうした彼氏の心理は、手汗や人目が気になったり歩きにくいことからデート中に手を繋ぐのを嫌がりますので、なるべく理解してあげましょう。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 8/23 17:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます