【新潟2歳S見どころ】世代最初のマイル重賞にアライバルなど素質馬が集結!

拡大画像を見る

 評判馬アライバルをはじめ、先々が楽しみな好メンバーが集まった。世代最初のマイル重賞を制すのはどの馬か。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■8/29(日) 新潟2歳S(2歳・GIII・新潟芝1600m)

 アライバル(牡2、美浦・栗田徹厩舎)は父がハービンジャー、母は15年オークスの3着馬クルミナルという良血。東京芝マイルの新馬戦でデビューし、2馬身半差で断然人気に応えて勝利を挙げている。帰厩後も順調に乗り込まれており、2戦目も期待できそうだ。鞍上はC.ルメール騎手。

 セリフォス(牡2、栗東・中内田充正厩舎)はダイワメジャー産駒で、中京芝マイルの新馬戦を好位から押し切って快勝。一度使った上積みはありそうで、調教では格上馬にも見劣らない動きを披露している。デビュー2連勝で重賞勝利なるか。鞍上は川田将雅騎手。

 その他、春のクラシックで活躍したステラヴェローチェの半妹クレイドル(牝2、美浦・黒岩陽一厩舎)、今回と同舞台の新馬戦を逃げて圧勝したリオンディーズ産駒オタルエバー(牡2、栗東・中竹和也厩舎)、福島の新馬戦を快勝したゴールドシップ産駒ウインピクシス(牝2、美浦・上原博之厩舎)、ダリア賞(OP)で2着のシルバーステート産駒コムストックロード(牝2、美浦・中野栄治厩舎)、2戦目で勝ち上がったキングカメハメハ産駒スタニングローズ(牝2、栗東・高野友和厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時45分。

関連リンク

  • 8/23 10:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます