町田啓太、江口のりこ演じる破天荒な主人公を支える“忠犬系男子”役に

拡大画像を見る

町田啓太が、江口のりこ主演の10月スタートの木曜劇場『SUPER RICH』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)に出演。主人公・氷河衛(江口)の経営する会社で、彼女の右腕として尽くす“忠犬系男子”役に決まり、このほどコメントが到着した。

本作は、幸せのカタチ=“スーパーリッチ”を追い求めるキャリアウーマンの、ジェットコースターのような波瀾万丈な半生を描く完全オリジナルドラマ。仕事にプライベートにと、苦悩を抱えながらも日々をひたむきに生きるアラフォー女性のリアルな心情を描くストーリー。衛は、電子書籍を手がけるベンチャー企業「スリースターブックス」の代表取締役CEO。裕福な家に生まれ、これまでの人生においてお金に困ったことは一度もない。「お金があれば何事も解決できる」と考えており、より多くの利益を出すため、せわしなく働く日々を送っている。

今回、町田が演じるのは、「スリースターブックス」の人事責任者で、衛の秘書のような役回りをしている宮村空。しっかり者でクールな性格だが、誰よりも衛のことをリスペクトし、忠誠心を持っている。ビジネスでもプライベートでも破天荒な衛を冷静に受け止め、彼女の右腕としていつもそばで支えており、衛からも絶大な信頼を置かれている。衛のためなら何でもするという姿勢に、周囲からは“忠犬”と言われることも。彼がそこまで彼女に尽くすのには、過去のある出来事が関わっているようで……。「私が今まっとうに生きているのは衛さんのおかげ」と口にする彼の過去にも注目だ。

そんな空だが、その働きぶりはスマートであり、物腰も柔らかいため、空に何かと相談事やプライベートの愚痴をこぼす社員も多い。「スリースターブックス」に採用されたインターンたちの面倒も見ており、良きお兄さん的存在となっている。子犬のように衛を慕う春野優(赤楚衛二)のことを警戒しており、彼には厳しく当たることもしばしば。優が現れたことで、空の社内での立ち位置や、衛との関係が少しずつ崩れていく……。

<町田啓太 コメント>
内容を聞けば聞くほど挑戦的で魅力たっぷりの本作に参加できることを、大変うれしく思っています。台本を読み、オリジナルストーリーで展開が早く、次々に出てくる魅力的な登場人物たちがどうなってしまうのだろうかと、この先が気になってしかたありませんでした。江口さんとは今回初めてご一緒させていただくのですが、とても穏やかなお人柄で、お芝居をしやすい空気をつくってくださるので救われていますし、すごく心強いです。

僕が演じる空は、“忠犬”と呼ばれるくらいに衛さんを心から敬愛している人物です。衛さんのように強くあろうとしている空自身にも、抱えている心の痛みがあるので、そこにそっと寄り添いながら一緒に成長していけたらと思います。このドラマは、成功と失敗を繰り返しながら“RICHとは何か”を考える、それぞれの人物たちの成長物語でもあると思っています。彼らが心のあり方を模索する様子を、楽しみながら見守っていただけるよう励みたいと思います。楽しみにしていてください。

<プロデュース 金城綾香(フジテレビ第一制作部)コメント>
衛という女性のそばに、どういう人が居て欲しいかと考えたときに、最初に生まれたのが空でした。クールなお顔立ちでありながら、破顔された時に爆発的な魅力をもつ町田さんに、江口さんの隣にぜひ並んでいただきたいと思いました。作品によって全く違ったバックボーンを背負った人間を演じられる町田さんは、役の背景に丁寧に向き合ってくださっています。オリジナル作品だからこそ、意見交換をして作り上げられる幸せを感じています。いろんな苦難に立ち向かう衛のことを、一番近い場所で見つめている空は、衛の忠犬でもあり、騎士でもありますが、同時に一人の“男性”です。空が抱える痛みとさまざまな種類の愛を、町田さんがどう表現されるのか、ぜひ楽しみにしていただきたいです。

関連リンク

  • 8/23 9:30
  • TVerプラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます