三浦皇成騎手がJRA通算10000回騎乗、史上最速・最年少で達成

拡大画像を見る

 22日の新潟9R・閃光特別(3歳上1勝)で、ステラダイヤに騎乗した三浦皇成騎手(美浦・鹿戸雄一厩舎)は、史上44人目・現役29人目のJRA通算10000回騎乗を達成した。

 デビューから「13年5カ月22日」「31歳8カ月4日」での10000回騎乗達成は、北村宏司騎手の「13年10カ月7日」「32歳5カ月20日」を抜き、史上最速及び最年少記録。

【三浦皇成騎手のコメント】
「デビュー当時から様々な関係者のサポートがあって、この年齢でここまで騎乗回数を積み上げることができました。感謝しています。怪我もあってうまくいかない時期もありましたが、1鞍1鞍を大切に、これからも頑張っていきます」

(JRAのホームページより)

関連リンク

  • 8/22 22:35
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます