「年収1000万円以上」が結婚の条件!?それってホントに大丈夫?

拡大画像を見る


結婚したい男性の条件に『年収1000万円以上』を掲げている女性がいますが、これは何を基準に決められたものでしょう?
年収が1000万円以上といえば、世間一般では高給取りでお金持ちといったイメージがありますが実際はどうなのでしょうか?
『年収1000万円以上』が結婚の条件ってホントに大丈夫なのか詳しく見ていきましょう。


実際の暮らしはごく普通

平均年収が300~500万円と言われてる中で、その倍近くの1000万円はとても多くもらっているように感じます。もちろん実際多くもらっているの事実ですが、実際はその収入の多くを税金として収めているために、手取りはそこまで多くはなりません。
その為、想像しているよりも普通の生活をしている人も多く、実際いくらもらっているかというよりは、どこにどれだけお金を使っているのかによります。


共働きなら世帯年収一千万近い家庭も多い

もし将来的には主婦になりたいという希望がなく、今の段階で自分も働いているのであればそれほど男性の収入にこだわらなくてもいいかもしれません。
もちろん収入が多い方が少ないよりもいいかもしれませんが、世帯年収では1000万円近くになる家庭も多くいます。将来的なプランを考えてみて、自分の仕事を続けるようなら『年収1000万円』にこだわらなくてもいいかもしれません。


お金以外の部分の重要性

「愛よりお金」という気持ちから『年収1000万円』にこだわっている女性も多くいます。この二択でどちらの方が大切というのはわかりませんが、『年収1000万円』であれば誰でもいいということではありませんよね。
それだけ収入があってもギャンブル好きかもしれませんし、女癖が悪いかもしれません。お金以外の部分で苦労するかもしれないということを理解しておいた方がいいかもしれません。


仕事と収入の安定性

今現在は収入が1000万円であっても、その収入は将来もずっと続くという保証はありません。公務員以外の、景気に左右される業種や経済の動向次第では、収入が減ってしまう可能性すらあります。


まとめ

なんとなく「お金持ちがいい」という感覚から『年収1000万円』を結婚の条件として掲げている女性が多くいますが、詳しく見ていくとホントに大丈夫?というような事ばかりです。
お金は大切ですが、それ以外にも大切なことはたくさんありますよ。
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 8/22 21:31
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます