スケボー堀米雄斗、バスケ渡邊雄太と2ショット “身長差36cm”に驚きの声

 東京2020オリンピック競技大会スケートボード男子ストリートで金メダルを獲得した堀米雄斗が22日にツイッターを更新。“日本人2人目のNBA選手”として知られるバスケットボール選手の渡邊雄太との2ショットを公開すると、身長差36cmの2人の姿に、ファンから驚きの声が寄せられた。

 堀米がスケートボードとバスケットボールの絵文字と共に投稿したのは、渡邊との2ショット。キャップを後ろ向きに被り笑顔を見せる渡邊の隣で、堀米は微笑みながらピースサインを見せている。

 身長が公称170cmの堀米に対して、渡邊は206cm。36cmとなる身長差にファンからは「身長差、カップルみたい」「記念写真撮ってもらってる子供みたいになってる」「身長差がすごい!」などの声が集まった。

引用:「堀米雄斗」ツイッター(@yutohorigome)

画像をもっと見る

関連リンク

  • 8/22 18:26
  • クランクイン!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます