【JRA】カイザースクルーンが予後不良に、2018年の芙蓉S3着馬

拡大画像を見る

 22日の新潟8R・3歳以上1勝クラス(芝2400m)に出走したカイザースクルーン(セ5、美浦・相沢郁厩舎)は、最後の直線コースで競走中止。右第1指関節脱臼のため予後不良と発表された。鞍上の石川裕紀人騎手は異状なし。

 カイザースクルーンは父ルーラーシップ、母は2012年のオークス3着馬アイスフォーリス、母の父ステイゴールドという血統。

 2018年7月の2歳新馬戦でデビュー勝ち。続く芙蓉S(OP)でも勝ち馬ミッキーブラックと0秒1差3着と好走したが、以降は勝ち星に恵まれず。今回は8ヶ月ぶりの復帰戦だった。通算成績は19戦1勝。

(JRAのホームページより)

関連リンク

  • 8/22 19:43
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます