【クローバー賞結果】ロゴタイプ産駒ラブリイユアアイズがデビュー2連勝

拡大画像を見る

 22日、札幌競馬場で行われたクローバー賞(2歳・OP・芝1500m)は、2番手でレースを進めた団野大成騎手騎乗の4番人気ラブリイユアアイズ(牝2、美浦・黒岩陽一厩舎)が、3〜4コーナー中間で先頭に立ってゴールまで押し切り、最後は外から迫っていた2番人気ブッシュガーデン(牝2、美浦・武井亮厩舎)を2.1/2馬身差突き放して優勝した。勝ちタイムは1分29秒1(良)。

 さらに1.1/4馬身差の3着に5番人気カワキタレブリー(牡2、栗東・杉山佳明厩舎)が入った。なお、3番人気ウインモナーク(牡2、美浦・奥平雅士厩舎)は4着、1番人気キングエルメス(牡2、栗東・矢作芳人厩舎)は5着に終わった。

 勝ったラブリイユアアイズは、父ロゴタイプ、母オープンユアアイズ、その父ヴィクトワールピサという血統。6月の札幌芝1200mの新馬戦に続くデビュー2連勝を飾った。

関連リンク

  • 8/22 14:48
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます