漫画の参考に『男性の指輪』を見たい! 家族に借りたら想定外だった

拡大画像を見る

絵を描く際に実物を参考にするのは、リアル感を出すうえで大切です。

漫画家のイクヤス(@ikuyasu_elddrd)さんは、男性の指輪を描くために、実物を見ようとしました。

きっと、「ある程度は大きいはず」とは思っていたことでしょう。

ところが、家族から借りた指輪は、実物でありながら現実離れしていて、まったく参考にはならなかったのです。

どういうことなのか、写真をご覧ください!

「うそでしょ!?」といいたくなるほど、大きな指輪。イクヤスさんの指の3本くらいは入りそうに見えます!

まさかのサイズに、ネット上では反響が上がりました。

・キーホルダーの輪かな?

・なんかの部品にしか見えない…。

・我が家の夫も指は太いです。

・規格外すぎて、指輪に見えないリングをお作りすることは実際にありますよ!

イクヤスさんによると、指輪の持ち主は建築関係の仕事をしているとのこと。

手をイクヤスさんと並べてみると、全体の大きさもここまで違います!

指輪が大きすぎるのも納得の手。

イクヤスさんが手の大きなキャラクターを描く際には、表現として参考になるかもしれませんね!

[文・構成/grape編集部]

出典 @ikuyasu_elddrd

関連リンク

  • 8/22 18:08
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます