「洗濯しすぎないで」H&Mが提供する “お気に入りの服を長持ちさせる” 79個のアイディアがユニークで活用的だって知ってた?

拡大画像を見る

プチプラなファッションブランドの代表格として、世界中で愛されているH&M。

実は「服のお手入れ」に力を注いでいて、日本の公式ホームページでは「お気に入りの服を長持ちさせるヒント」を発信し続けているんです。

DIYリメイク、サイズが合わないときの対処法、洗濯方法やシミの取り方に至るまで、驚きのアイディアが満載ですよっ♪

【3つのテーマからチョイス☆】

ご紹介するのは、ホームページで公開中の「H&Mのお手入れ」。

・インスピレーション&DIY
・リペア&ケア
・洗濯&シミ

の3つのテーマに分類して、「お気に入りの服を長持ちさせるヒント」を紹介してくれています。

【手持ちのアイテムを生まれ変わらせる!】

「インスピレーション&DIY」では、服&靴のリメイク方法などについて発信。

リメイクでは、ヘアバンドにビーズやラインストーンでデコレーションしており、見慣れたアイテムがよりいっそう輝きそうです。

【「靴が小さすぎたとき」の対処法にビックリ】

「リペア&ケア」では、色あせ・ほつれ・ニオイなどへの対処法や、アイロンがけについて言及。

この中で私が特に目を見張ったのは “小さすぎる靴” という項目。

なんと、

・濡れた靴下のまま靴を履き、靴下が乾くまで歩き回れば、いくらか余分なスペースができる

とのこと……!

さすがに、毎日濡れた靴下を履き続けるのは難しいので、どうにかしたければ靴屋さんに持っていくべきなのでしょうが……一時的に対処するのであればアリかも!?

【毛玉の原因になるのは…!?】

最後のテーマ「洗濯&シミ」では、洗濯やシミ取りについてアドバイス。

洗濯において気になったのは、来る秋冬に役立ちそうな “毛玉” に関する項目で、

・コットン・合成繊維・ウールなど複数の素材を一緒に洗うと毛玉ができる
・毛玉を防ぐためにニットを1晩冷凍庫に入れる

とのこと。冷凍庫に入れたニットを着るのは少々(かなり?)寒そうですが、参考にしてみるといいかもしれません。

【環境に優しいヒントが満載!】

「H&Mのお手入れ」で紹介しているヒントは、いずれもサステナブル。

「漂白剤ではなくレモン汁を使う」「服はしょっちゅう洗わず、外に干して風を当てる回数を増やす」など、環境に優しい配慮が見られます。

ユニークなだけでなく実用性も高いので、できるところから始めてみてはいかが?

参照元:H&M JP
執筆:田端あんじ (c)Pouch

関連リンク

  • 8/22 11:45
  • Pouch

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます