渋沢栄一も激怒した、「鳥羽伏見の戦い」における徳川慶喜の敵前逃亡 その裏に慶喜流の“生存戦略”があった?

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NHK「大河ドラマ」(など)に登場した人や事件をテーマに、ドラマと史実の交差点を探るべく自由勝手に考察していく! 前回はコチラ

 『青天を衝け』が放送再開されました。日本での信じられぬ出来事が、パリにいる渋沢たちにも書簡を通しておぼろげながらも伝わり、徐々に現実に起こっていることなのだと彼らが理解していく演出はドラマティックでしたし、表現のコンパクト化にも成功しており、さすがだなぁと拝見していました。渋沢(と昭武)が敵前逃亡した慶喜に怒るシーンもちゃんと映像化していましたしね。

 さて今回のコラムは、ドラマではあえて(?)描かれなかった、「鳥羽伏見の戦い」で慶喜がとった謎めいた行動の裏側を読み解こうかな、と思っています。おそらく22日の放送で多少、情報が補完されるでしょうが、パリの昭武に送られてきた慶喜の手紙のように「日本人同士で争っている時期ではないので、あえて引いた」的な説明だけで納得できる事件ではありませんから。

 慶喜は「鳥羽伏見の戦い」が勃発する数週間ほど前まで、在京の旧幕軍が薩摩軍に報復攻撃をすることで内乱に発展することを恐れていました。

 具体的には慶応3年(1868年)12月12日まで、二条城の城内に慶喜に付き従っていた旗本約5000人、会津兵約3000人、桑名兵約1500人を全員、自分も滞在している二条城の門の中に閉じ込め、「薩摩関係者への報復を禁じる」と厳命していたことがわかっています(この中に土方歳三ら旧・新選組の面々もいました。すでに40名ほどに激減してしまっていましたが……)。しかし二条城は手狭で、「いつの日か薩摩藩の非を私が問うから」という慶喜の口約束だけでは怒れる兵士約9000人が静まるわけもなく、二条城内に押しとどめるには限界がきてしまったのです。

 しかしこれは表向きで、慶喜と旧幕軍はそのように事態を装って、二条城から大坂城への移動を開始しました。晩年の渋沢栄一が編纂した『徳川慶喜公伝』は慶喜の“言い訳”を大幅に採用しているのですが、それによると、大坂城に向かった理由を慶喜は「予は、天皇の足元の都で争乱を発することを恐れ、別に深謀遠慮があったわけではないけれども、ただ現下の形勢を緩和したいばかりに、ひとまず大坂に下ろうと決心した」などと述べています。「別に意図はなかった」とわざわざ言うあたりが言い訳っぽくて実に怪しいのですが(笑)。

 大坂城は「天下の名城」ですから、そこへの移動と聞いた旧幕軍の兵たちは「にっくき新政府軍との戦がいよいよ始まる!」とテンションを上げたことでしょう。新政府側にも、「慶喜が戦に備えて行動を起こした」という見方がすでに広がっていました。ところが慶喜は、まるで敗北を予感していたといえるほどに沈鬱な顔をしていたようです。

 大坂城へ向かう道中、慶喜は「黒い頭巾」の上に「普通の軍帽」という和洋折衷の姿での騎馬移動だったそうですが、イギリスの外交官アーネスト・サトウは彼の顔が「やつれて、物悲しげであった」と証言しています。その理由を語る資料はありませんが、この移動時に何らかのトラブルがあったのかもしれません。そうでなくてもサトウは、兵士たちがバラバラで「異様な服装」をしていたことを指摘しています。「(日本風の)水盤型の陣笠や平たい帽子をかぶった者もいた。武器も長槍、あるいは短槍、スペンサー銃、スウィス銃、旧式銃、あるいは普通の両刀など」ということで、人数だけは多いけれど、装備がバラバラな彼らを「本当にまとめあげることができるのだろうか」という不安が慶喜の中に芽生えても当然のような状況だったようです。

 しかし、それと同時に慶喜の中では、「ここで大きな賭けに出るしか、事態を挽回する方法はない」という真逆の気持ちも高まりつつあったようです。年が改まった慶応4年1月1日、大坂城内で大きな動きがありました。慶喜の名義で「討薩の表」が発表されたのです。これは要するに「御所から薩摩という奸臣どもを追い出せ」とアジる文書なのですが、慶喜本人の後年の発言をまとめると「部下が作った檄文に、サインさせられてしまった」という経緯である一方、明治新政府側が当時得ていた情報では「慶喜本人が作成した」文書となっています。

 ただ、西周(にし・あまね)という学者が、慶喜が作った「討薩の表」草稿の推敲を、前年の12月中に本人から依頼されて作成したと発言していますから、慶喜には明確な戦意があり、それなりに周到に「鳥羽伏見の戦い」に向けての準備を進めていたことは事実だといえます。

 つまり、『青天~』で慶喜が「薩摩と戦う意思はなかった」と言っていたのは史実ではありえません。『青天~』の演出は、慶喜のことを「臆病者といわれることを見越し、自分の名誉を損ねても、天皇に歯向かうことだけは避け、内乱回避に努めようとした“名君”」として描くためでしょう。

 幕末における“天下分け目の戦”となった「鳥羽伏見の戦い」は、慶応4年1月3日午後3時ごろ、現在の京都府八幡市の橋本あたりで聞こえた砲声をきっかけに始まりました。しかし、戦の「将帥」……つまり最高責任者たるべき慶喜の身は、大坂城の布団の中にありました。慶喜本人の言い訳をまとめると「私は正月あたりから風邪で、体調不良で臥せっていた。私は戦には反対だった。しかし軍が言うことを聞かず、勝手に布陣したのみならず、発砲して開戦までしてしまったのだ」となります。

 仮に本当に体調不良だったところで、なぜ、「薩摩を討つべし」などとアジる文書を自ら作成しておきながら、慶喜は布団の中で平気でいられたのでしょうか。ひとつにそれは、軍に対する彼の意見が採用されず、やる気を失ってしまっていたから。さらには思考も乱れ、「戦いたい部下には勝手にやらせて、私は寝込んでいて知りませんでした~、とか言い訳すれば良いか」「もしうまいこといけばいったで、儲けものだし……」「もう知らん!」などと、半ば諦め、半ば思考停止の状態にあったのかもしれません。

 兵の数は多くても、所属する団体ごとに覇を競い合うような空気が出ている旧幕軍には統率は見られませんでした。『会津戊辰戦史』では、「鳥羽伏見の戦い」の敗戦理由について、次のように分析しています。

1. 戦の将帥(=慶喜だけでなく、上級士官たち)が無能だった
2. 各部隊が統率なく、勝手に動き、困難に直面すると命令を待たずに逃げだした
3. 新政府軍が進軍してくる京都に、大坂から進軍した旧幕軍全体が、数を頼みに迎え撃つだけの形となった。しかも戦場は街道上で、そこを大勢の人が埋め尽くしているので身動きが取れず、まともに戦えなかった
4. 「一部の旧幕兵だけでも京都に送り込み、薩摩や長州の軍を撹乱する」という作戦などはまったく実行されなかった

 とんでもない凡ミスの連続であり、これが旧幕軍の“現実”なのでした。あなたが慶喜の立場なら、これを読んでもなお、「現時点では敗戦が続いているが、態勢を立て直すことができる」などと信じられるものでしょうか?

 逆に、旧幕軍の信じられない弱さを聞くうちに、慶喜寄りであったはずの朝廷内の公卿たちですら、慶喜征伐派である薩摩や長州への疑念が薄らいでいったようです。その結果、仁和寺で法親王をしていたものの、戦の1カ月ほど前に還俗させられた23歳の仁和寺宮が、開戦翌日の1月4日に慶喜の「征討大将軍」に任命されるなどの急速な事態の変化がありました。また、これに伴って慶喜は「朝敵」認定を受けることになります。

 戦場の惨状に涙を流し、進軍を渋る仁和寺宮の背中に、「人斬り半次郎」の異名をもつ中村半次郎なる剣客が刀を突きつけ、強引に馬を進ませたというひどい逸話もあります(『史談会速記録』)。そして、そんな宮様将軍の権威付けに、急ごしらえの怪しい「錦の御旗」が掲げられたのですが、敗戦つづきの旧幕軍には想像以上の効果を発揮し、それだけでパニックに陥る部隊も出てしまいました。

 当の慶喜も朝敵認定には大きな衝撃を受けたとの記録がありますが、その翌日の1月5日、大坂城の大広間で慶喜は声をあげ、「最後の一兵になっても戦い抜こう」と、感動的な演説を行うのでした(『会津戊辰戦史』など)。しかしまさにその深夜、慶喜は夜闇に身を隠し、松平容保ら一部の部下だけを連れ、大坂城を深夜に脱出。軍艦に乗って江戸に逃げ帰ってしまったのです。

 次回の放送では、天璋院が帰京した慶喜を「なぜ逃げた」と問い詰めるシーンがあるようですね。おそらく、「逆賊にされた。天皇に逆らうつもりなどなかった」などと語る慶喜の“忠臣ぶり”が、『青天~』でもクローズアップされるのでしょう。が、実際のところ、史実の慶喜はもっとズルいことを考えていたと筆者には思われます。

 部隊の犠牲がまだ少ない段階で、ものすごく情けない負け方をして戦を強制終了させ、その後、恭順の姿勢を示す。それ以外に徳川が生き残る道はない。……慶喜はそう考えたとしか思えないのです。

 「御所にはびこり、年若い明治天皇をたぶらかしている薩摩を討て」と訴える「討薩の表」の発案者だった慶喜は、開戦までは天皇に逆らうことも十分、覚悟の上だったと思われます。もし朝敵認定を受けても、官軍を打ち倒せばそれで終わりですから。実際、幕末に幕府軍が官軍として長州征伐を敢行した際に、賊軍である長州軍が官軍(幕府軍)を遠慮なく破るという事態があったばかりです。

 そう考えると、慶喜が「朝敵認定にひどく怯えた」というのは大部分が“演技”であり、実際は統率が取れない烏合の衆にすぎない旧幕軍に見切りをつけ、「降参した者を攻撃することは許されない」とする欧米の慣習法に新政府軍が則って動いてくれることに賭けるしか、取れる生存戦略がなくなっていた……というあたりが正しいのでは、と筆者は読みます。

 「なぜ欧米の慣習法が?」と思うかもしれませんが、大政奉還以前から慶喜は欧米での議会政治や法律に高い関心を示し、研究を続けていました。

 また、新政府軍はもともと旧幕側から国庫の引き渡しも終えておらず、ほぼ無一文でした。「鳥羽伏見の戦い」のおよそ1カ月前にあたる慶応3年12月14日の時点で、慶喜個人から5万両を新政府の当座の運営資金として借りている状態だったのです(新政府の出納係・戸田忠至の証言)。しかし、今回の戦のスポンサーに慶喜になってもらうことはできませんから、イギリスに資金援助を依頼していたのですね。

 おそらくドラマでも描かれるので、その時にまた詳しくお話することになりそうですが、新政府軍を率いて江戸を火の海にすることに意欲を見せていた西郷隆盛が、江戸総攻撃を諦めることになったのは、明治新政府のスポンサーであるイギリス、その駐日公使兼総領事のパークスの承認が取れなかったからだと近年では指摘されています。パークスは「降参した者(=旧幕側)を武力攻撃するなど言語道断だ」と西郷に激怒したといわれますね。慶喜の“惨めな逃走”は意図的なものであり、そういう白旗の上げ方をすれば、「イギリスが、なおも武力行使したがる新政府軍を止めてくれるかも」という一点に彼は賭けるしかなかったのではないか、と考えられてならないのです。

 今回は、実に複雑な心理ドラマの連続といえる「鳥羽伏見の戦い」での慶喜逃走劇の裏側を、かいつまみながらお話してきました。史実の慶喜は、『青天~』で描かれているような「決めたことは貫くタイプ」ではありえず、主義主張や立場をコロコロと変えるので、身内からも「慶喜公には変節癖がある」などともいわれました。

 それゆえ、この時に慶喜が下した数々の運命的な決断について、本当はどこまで考え抜かれた末の結論であったか、本人でもうまく説明できなかったのではないか、それゆえこのあたりの事情を誰もが納得する形で語った資料が存在しないのではないか……などと筆者には思えて仕方ありません。諦めムードのうちになんとなく、「なるようになってしまった」というあたりが、慶喜の「鳥羽伏見の戦い」であったような気がしてならないのです。

 この時、慶喜は数えで32歳でした。現代の日本社会では、部下が何人かできて、大きな仕事が任されるようになった程度の“若い”男性の肩にのしかかるには、「鳥羽伏見の戦い」で大将を務めたことや、その敗戦処理はあまりに重いタスクだったでしょう。ただ、そういう慶喜以外に、徳川方のリーダーになれるような人物がいなかったという事実に、歴史の皮肉さを感じずにはいられませんね。

<過去記事はコチラ>

  • 8/22 11:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます