「全国の劇場でテニプリのお祭りをしたい」許斐先生より感謝のメッセージも『リョーマ!The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様』完成披露試写会

9月3日(金)公開の映画『リョーマ!The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様』の完成披露試写会が、8月21日(土)に都内にて行われ、原作・製作総指揮の許斐 剛先生、越前リョーマ役の皆川純子さん、神志那弘志監督、人気トリオ芸人の四千頭身が登壇しました。映画上映終了後にこれまでの『テニプリ』キャラクターソングの人気曲メドレーを、原作の漫画やイラストで映像化した『シアター☆テニフェスpetit!(プチ)』が上映されることが発表! サプライズだらけのイベントとなりました。

映画『リョーマ!The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様』は『テニスの王子様』と『新テニスの王子様』の間「空白の3か月」を原作者自らストーリーを紡いだ作品です。

皆川さんの「みんな楽しかった?」という問いかけに、観客からの大きな拍手で始まった同舞台挨拶。本作で製作総指揮を務める許斐先生は「私にしかできないものを作りたいと思っていました」と思いを明かし、「新しい世代の人達に『テニスの王子様』をという作品を、そして、主人公であるリョーマのカッコよさを知ってもらいたいと思ったので初の試みである3DCGでやろうと思いました」と語りました。

神志那監督は大人気作品ということ、3DCGということから、大きなプレッシャーなども感じたそうですが、ストーリーをオリジナルと聞き「俄然燃えてきまして、面白いものを作ろう!と思いましたね」と口にします。一方、20年以上にわたりリョーマを演じる皆川さんは、今回の3DCGの映画について「先生は再び斜め上の新しいことに挑戦するんだ!」と思ったといい、気合が入ったと明かしました。

許斐先生は原作で描かれていないエピソードを描いた背景について、「リョーマと南次郎が戦ったら面白いなと考えていたのですが難しくて。リョーマが映画になるという時に、誰と戦いたいかな?と考えた時に、ずーっとリョーマが追いかけてきた現役時代の南次郎と戦いたいだろうなと。そうなると、タイムスリップするしか無いじゃないですか」と話します。

「今回製作総指揮を任されるにあたって、自分にしか出来ない事を考えました。映画界の常識とかをとっぱらって、素人だからこそ言えるアイデアを色々出させてもらって、色々なことに挑戦しました。観てくれて分かったと思うんですが」と観客に呼びかけると、大きな拍手が。

加えて、許斐先生から「サプラ~イズ!」という発声とともに、『テニプリ』ファンにはお馴染みの“サプライズタイム“が。映画上映終了後にこれまでの『テニプリ』キャラクターソングの人気曲メドレーを、原作の漫画やイラストで映像化した『シアター☆テニフェスpetit!(プチ)』の上映が、楽曲リストともに発表されると、会場に集まった観客は声に出せずも大興奮の様子で目の輝きが変わります。2タイプ上映(「Decide」「Glory」)が、それぞれ別ヴァージョンのメドレー曲となり、その中の1曲「Love Festival」(テニプリオールスターズ)が公開されると、会場の盛り上がりは一躍ヒートアップしました。

このセットリストについて許斐先生は「ファンの為に色々な事をしたいというのがまずあって、全国の劇場でテニプリのお祭りをしたいなと思いました。Decideはソロ中心で、Gloryは学校の曲を中心としています」。神志那監督は「最初にこのリストをいただいた時に、このご時世で声を出せないのが辛いくらい、もう歌いたくなっちゃうリストなんですよね」と笑顔。実際に、神志那監督と試写でこのシアターフェスを観たという許斐先生は「エンドロールの後、この曲達が流れると映画の内容全部忘れちゃうんですよね」と笑うと、皆川さんから「忘れないでー!!」とツッコミが入る一幕も。

イベントに最後には許斐先生よりメッセージが。「まずは監督へ。僕が色々な無茶振りをしたのに受け止めてくれて、神志那監督じゃなければこの映画は出来なかったと思います。そして、リョマ子。リョーマを20年間カッコ良く演じてくれて、彼女が歌がうまかったから成立したなと思っています。これからもよろしくね」、この言葉に皆川さんもリョーマらしく「ういっす」と返し大きな拍手が。

許斐先生は続けて「そして応援してくれている皆さん。皆さんと映画を観ていて泣きそうになりました。私のやりたかった原作、アニメ、ミュージカル、VR、原画展、すべてのテニプリのコンテンツが凝縮された映画になっていると思います。この映画を観て、テニプリを好きになって良かったと思ってくれたら、原作者としても嬉しく思っております。これからもテニスの王子様と愛しのキャラクターたちをよろしくお願いいたします。ありがとうございました!」と、ファンへ感謝の気持ちを伝えます。

最後に皆川さんがリョーマの生声で「今日はどうもありがとう。この映画を観ない様じゃ、まだまだだね!」と締め、観客からの鳴り止まない拍手と共にイベントは終幕しました。

☆ゲストの四千頭身さんのコメントも素晴らしかったので、そちらは別記事でご紹介します!

【動画】Love Festival / テニプリオールスターズ https://www.youtube.com/watch?v=nTWdgt2n1xo

『リョーマ!The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様』 9月3日(金)全国ロードショー <公開形態> リョーマ!The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様~Decide~ リョーマ!The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様~Glory~

原作・製作総指揮:許斐 剛 原作:許斐 剛 「テニスの王子様」(集英社 ジャンプ コミックス刊) 「新テニスの王子様」(集英社「ジャンプSQ.」連載) 監督:神志那弘志 脚本:秦 建日子 劇中歌全作詞作曲:許斐 剛 CG スーパーバイザー:菱川パトリシア アニメーションディレクター:由水 桂 CGディレクター:山田桃子 システムディレクター:城戸孝夫 エグゼクティブCGプロデューサー:千田 斎 音響監督:高寺たけし 音楽:津田ケイ 音楽プロデューサー:松井伸太郎 3DCG制作:The Monk Studios/株式会社ケイカ 協力:スタジオKAI 総合プロデューサー:依田 巽 プロデューサー:新井修平 制作・配給:ギャガ 製作:新生劇場版テニスの王子様製作委員会 <キャスト> 越前リョーマ:皆川純子 越前南次郎:松山鷹志 竜崎桜乃:高橋美佳子 エメラルド:朴 璐美 ウルフ:杉田智和 ブー:武内駿輔 フー:竹内良太 アダム・アンダーソン:山路和弘 クリス・バークマン:奈良 徹 ベイカー:楠見尚己 ウェズリー・ヴォーン:伊藤健太郎 <Decide> 手塚国光:置鮎龍太郎 幸村精市:永井幸子 <Glory> 跡部景吾:諏訪部順一 白石蔵ノ介:細谷佳正 公式サイト:gaga.ne.jp/RYOMA_MOVIE/ 公式Twitter:@ryoma3dtenipuri (C)許斐 剛/集英社 (C)新生劇場版テニスの王子様製作委員会

画像をもっと見る

関連リンク

  • 8/22 12:30
  • オタ女

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます