中華カレーは旨い! 西大井の人気中華『美華飯店』で絶品カレーチャーハンを食べてきた

 カレーは美味しい。チャーハンも美味しい。だからカレーとチャーハンが合体したら絶対に美味しい! という前提のもと、都内でカレーチャーハンが食べられる店を探し歩く日々。品川区の西大井駅からすぐの場所にある、中華料理の店でカレーチャーハンが食べられると聞き、向かったのは『美華飯店』。駅のほぼ向かいにあるビルの1Fに入っているお店です。

 店内に入りまずはメニューをチェック。長崎ちゃんぽん&皿うどん、町中華など定番料理に加え、B級グルメや町中華のオムライス、季節の変わり種も。

「カレーチャーハン」は町中華系? それともB級グルメ系? 出来上がるのを楽しみに待ちます。

チャーハンとカレーの融合が!? ちょっとだけ洋風な「カレーチャーハン」

 待つこと数分、出てきたのは、チャーハンの器に盛られた半球型のチャーハン、そして満遍なくかかったカレールー。ルーとチャーハンが分かれているのではなく、最初から一体型です。そして福神漬けとお味噌汁付き。町中華系の佇まい、といった感じです。

「カレーは豚肉の欧風カレーですね。鶏ガラ出汁をフォンドボーで継ぎ足しています。チャーハンは普通の具と違って、豚挽肉にタマネギ、ニンジン、ピーマン、卵などです。実はオムライスの中身と一緒なんですよ」と語るのは女将の井手芳(かをる)さん。オムライスと一緒! だからピーマンが入っているんですね。

 そもそも、なんで「カレーチャーハン」がメニューに?「最初は賄いから始まりましたね。おそらく10年? たっていないと思いますが、当時B級グルメっぽいものやガッツリ系の食べ物が流行っていて、『カレーチャーハン』を出したら好きな人が食べるんじゃないかと」。賄いから始まり、ブラッシュアップしていき、現在の形になったそうです。

 賄いからレギュラーメニューに、というのはまさに町中華“あるある”ですね。「今回は福神漬けが付いていますが、日によってキューちゃんの時もあります」。おお~。それも町中華っぽくていいかも。

 実はこの店、店主&女将の趣味と実益を兼ねて。不定期でイベントを開催しているとのことで、過去には「アイドル飯店」「怪談飯店」「特撮飯店」などで盛り上がったそう。現在は密を避けなくてはいけないご時世なので、店内でのイベントではなく、地域のイベント、街おこしやマルシェなどに参加しているそうです。

 なので店内やトイレに貼られたポスターや、店のBGMはオリジナリティたっぷり。今後も不定期でお弁当販売や、ワークショップを開催するとのことです。

カレーチャーハンと相性抜群、自家製レモネード

 そして、「カレーチャーハン」と同じぐらい人気で店の看板メニューは「皿うどん」。麺はバリバリとしっとりの2種類から選べて。野菜たっぷりのあんかけでお勧めとのこと。また、「自家製のレモネード」(200円~)、「レモネードハイボール」(450円)もカレーチャーハンとの相性がいいのでイチオシとのことです。

 欧風カレーにオムライスの中身? なチャーハンの組み合わせは、ピーマンのほろ苦さをほのかに感じる、ちょっとだけ洋風な、でもマイルド感のある美味しさ。味噌汁付き、というのもB級グルメ感があっていい感じでした。混んでいない時間帯なら、店主や女将とサブカルトークや地元トークをするのもオススメですよ。

(取材・文◎いしざわりかこ)

●SHOP INFO

店名:美華飯店(ミカハンテン)

住:東京都品川区西大井1-1-1 Jタワー西大井ウエストコートA-103
TEL:03-3777-0213
営:12:00~14:30、18:00~22:30※緊急事態宣言、まん防期間中は~20:00(L.O.各30分前)
休:日曜

画像をもっと見る

関連リンク

  • 8/22 10:47
  • 食楽web

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます