SMAPがすべてを変えた!「ジャニーズの未来」と「逝去」メリー氏と大ゲンカ・田原俊彦との「因縁」

拡大画像を見る

 弟のジャニー喜多川氏(享年87)とともに“ジャニーズ帝国”の礎を築き、ジャニーズ事務所名誉会長でメリー喜多川として知られた藤島メリー泰子(ふじしま・めりー・やすこ)氏が、肺炎のため都内の病院8月14日に亡くなっていたことが明らかになった。93歳だった。8月17日、ジャニーズ事務所が発表した。

 メリー氏の逝去を受けて、東山紀之(54)は「厳しいマネージャーであり、良き理解者であり、そして、優しい母親でもありました。私の人生でなくてはならない存在のメリーさんが天国に旅立ちました」とコメントを発表。

 元SMAPの木村拓哉(48)も8月17日にインスタグラムを更新して「どんな時も、前向きな心と言葉をいつもありがとうございました!! ゆっくり、休んで下さい」と、メリー氏の名前は出さなかったものの、感謝の言葉を綴った。

 かつてジャニーズ事務所に所属していた歌手の田原俊彦(60)は、2020年12月の『文春オンライン』のインタビューでメリー氏との交流について語っており、「ジャニーさんはトラブル対応は得意じゃなくて、そういうときはいつもメリーさんが助けてくれた。レッスンにも立ち会ってくれて。本当に可愛がってもらった記憶がたくさんある」と振り返った。

 また、メリー氏はタレントファーストで、スタッフやマネージャーには厳しかったとしつつ、メリー氏と一番ケンカしたのは自分だと明かし、「誰よりも歯向かったし、誰よりも戦ったからね。“ふざけんな!”って事務所のガラス割ったときはさすがに怒られたな」と苦笑しつつ語った。

 8月18日、田原は都内で行われたイベントに登壇。メリー氏について「ジャニーさんがクリエイターならメリーさんはプロデューサー。政治的なもめ事も含め、いわゆる怖い人を演じないといけなく大変だったと思いますが、タレントファーストの優しい方」とコメント。

 さらに、ここでも「僕はメリーさんが好きでしたが、たぶん僕が一番もめてケンカした。メリーさんからしたら、一番面倒くさいタレントだったと思います」と振り返っている。

 1991年当時、交際していた中山美穂(51)と田原がハワイ旅行に行き、その帰国時、詰めかけたマスコミの前に姿を現した中山をガードしていたのは、同じ便に搭乗していた森光子さん(享年92)、泉ピン子(73)だった。大御所女優に任せて1人で飛行機を降りた田原に対し、メリー氏は「自分で守らなきゃダメ!」と激怒したと、8月18日の『スポニチアネックス』では伝えている。

「ただ、田原が森さんらに任せたわけではなく、自分にマスコミを引きつけて中山を守ろうとしたとも言われていますね。しかし、メリー氏は森さんらに迷惑をかけたことを怒っていたといいます。

 その田原が、メリー氏が逝去したこのタイミングで『週刊文春』(文藝春秋)に登場したことに、何か因果を感じてしまいます」(夕刊紙デスク)

■SMAP誕生がトシちゃん独立のキッカケに

 田原は8月18日発売の『週刊文春』の阿川佐和子氏(67)による連載『阿川佐和子のこの人に会いたい』にゲストとして登場。

 阿川氏から、いつジャニーズ事務所を「辞めよう」と考えるようになったか問われた田原は、事務所がSMAPを作り始めた頃だと振り返っている。

「SMAPと田原にはそれほど接点はないと思われましたが、SMAP誕生と田原の独立に関係があったというのは驚きですよね。

 ジャニー氏は常に新しいものを作ることのほうが楽しい人だと、田原は語っていますが、その“新しいもの”であるSMAPの存在を目の当たりにして、田原は“独り立ちしないとな”と感じたんでしょうね。1980年代、ジャニーズ事務所を牽引した田原が、SMAPの登場をきっかけに退所したのですから、SMAPがジャニーズの“その後”を変えたと言えますよね。

 田原は1991年に個人事務所を設立し、1994年にジャニーズ事務所から完全に独立しました。田原が個人事務所を作った1991年は、SMAPのデビュー年にあたります」(前出の夕刊紙デスク)

 SMAPは1991年にCDデビューし、数年間の下積みはあったものの、その後は『青いイナズマ』、『SHAKE』、『夜空ノムコウ』、『らいおんハート』など、ヒットを連発。

 2002年7月リリースの『世界に一つだけの花』は、オリコン調べの売り上げ313.2万枚(2019年9月23日付)。平成で最も売れたシングル曲で、ジャニーズ事務所所属タレントのシングル売り上げでも歴代1位を記録した。

「『世界の一つだけの花』は音楽の教科書にも掲載され、SMAPは文字通り国民的スターになりました。SMAP関連の年間の売り上げは250億円にも上るという報道もありました。それほどの利益をジャニーズ事務所にもたらしていたわけです。

 田原、近藤真彦(57)、野村義男(56)のたのきんトリオ、少年隊、光GENJIの時代が終焉し、SMAPが事務所を潤すようになった。ところが、そのSMAPが事務所内の派閥争いに巻き込まれて解散に追いやられてしまうんです」(前同)

■派閥争いから『スマスマ』での“公開生謝罪”へ……

 2015年1月の『週刊文春』に、メリー氏の5時間にわたるロングインタビューが掲載された。

 事務所内に、メリー氏の娘で現社長の藤島ジュリー景子氏が管轄する“ジュリー派”と、元SMAPチーフマネージャーのI氏が管轄する“I氏派”が存在し、両派が対立しているのではないか、と週刊文春の記者から問われたメリー氏は、「ジュリー以外に(誰かが)派閥を作っているという話は耳に入っていません。もし、うちの事務所に派閥があるなら、それは私の管理不足です。事実なら許せないことですし、あなた方にそう思わせたとしたら、Iを注意します」と派閥の存在を否定。

 さらにメリー氏はインタビューの場にI氏を呼びつけ、I氏の目の前で「もしジュリーとIが問題になっているなら、私はジュリーを残します。自分の子だから。Iは辞めさせます。それしかない」とも語った。

 この一件が引き金となり、I氏はジャニーズ事務所退所の意思を固めていったとされる。そして2016年初頭には「SMAP解散騒動」がメディアを賑わせることになり、一連の報道を受けてSMAPの5人は同年1月18日の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)に緊急生出演。

 木村拓哉を皮切りに、稲垣吾郎(47)、草なぎ剛(47)、中居正広(49)、香取慎吾(44)が一連の騒動を謝罪し、最後にリーダーの中居ではなく木村が「これから自分たちは何があっても、前を見て、ただ前を見て進みたいと思いますので、みなさんよろしくお願いいたします」とコメントしたのだ。

「ところが、この“公開謝罪”から約半年後の2016年8月14日に、SMAPが同年末をもって解散することが発表されたんです。そして翌年には稲垣、草なぎ、香取の3人が、前年に辞めていたI氏を追うようにジャニーズ事務所を退所。新しい地図として再スタートを切りました。また、昨年3月には中居も独立しています。

 メリー氏が動いたことで、結果的にグループが解散し、木村以外の4人が事務所から離れていったのは事実でしょう」(芸能プロ関係者)

■SMAP解散とジャニー氏逝去を機に退所者が続出

 2019年7月にはジャニー氏が逝去したこともあり、ジャニーズ事務所からの退所者が続出する。中居のほか、元関ジャニ∞の錦戸亮(36)、元NEWSの手越祐也(33)、山下智久(36)、少年隊の錦織一清(56)と植草克秀(55)、元TOKIOの長瀬智也(42)、元King&Prince(キンプリ)の岩橋玄樹(24)が退所。また、11月1日をもってV6が解散し、森田剛(42)が退所することも明らかになっている。

「これだけ退所者が続出したのは、ジャニー氏が逝去したことも大きいでしょうが、同様にSMAPが解散したことも大いに影響しているのは間違いありません。当時のSMAPといえば、活動休止前の嵐以上に世代を問わず愛された国民的グループでしたし、ジャニーズ事務所の躍進にも大きく貢献。世界的な人気も誇っていました。

 そんなSMAPですら事務所の意向、派閥争いに巻き込まれて“公開謝罪”を強いられ、解散へと追い込まれてしまった。このSMAP解散騒動を当時、内部から目の当たりにしていた多くのジャニーズタレントも大きな衝撃を受けたそうです。あれだけ大金を稼ぎ出し、事務所を大きくしたSMAPでもあんなひどい辞め方になってしまうのか、とショックを受け、自身の事務所内での未来が見えなくなった、と退所を考えたタレントもいると聞いています」(前出の芸能プロ関係者)

 現在、ジャニーズは若手グループの育成に注力しており、2018年5月にデビューしたキンプリは“ポスト嵐”として事務所の期待を一身に背負っている。また、2020年1月にSixTONESとSnowManが同時デビュー。

 7月28日には関西ジャニーズJr.のなにわ男子が11月12日にCDデビューすることが発表された。

「これだけ若手が相次いでデビューしているのはSMAP、嵐に続く国民的グループを生み出すためでしょう。さらにここ最近はSNSやYouTubeの運用など、長らく対応してこなかったネットでの展開も解禁。それも、SMAP解散後、これまでとは違う今の時代にあったプロデュース方法を導入して新たなスターグループを作っていく、という狙いがあるからでしょう。

 過去の田原が独立を決意したタイミングもそうですが、ジャニーズ事務所にとっての転機は、すべてSMAPがきっかけとなって生じたとも言えそうです」(前同)

 SMAPが解散を発表した2016年8月14日。その日からちょうど5年後にあったメリー氏の逝去――。ジャニー氏、メリー氏を失い、そしてSMAPももういないジャニーズ事務所は、今後、どのような道を進んでいくのだろうか――。

関連リンク

  • 8/22 7:50
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます