さんま&マツコに真剣悩み相談で「ボコボコ撃沈」TBS国山ハセンアナ、抜擢された『news23』は「地獄への道」!?

拡大画像を見る

 小川彩佳(36)がメインキャスターを務める報道番組『news23』(TBS系)で、9月から同局の国山ハセンアナウンサー(30)がサブキャスターに就任することが近く正式に発表されると、8月18日の『NEWSポストセブン』が報じた。

 現在サブキャスターを務めている山本恵里伽アナ(27)はフィールドキャスターに回るという。

 ハセンアナは2013年にTBSテレビに入社。現在は女性問題が報じられた“赤坂のドン・ファン”こと小林廣輝アナ(27)に代わって『アッコにおまかせ!』でアシスタントを務めているほか、『水曜日のダウンタウン』に不定期出演しているが、レギュラー番組と呼べるような番組はない。

「今年3月までは朝の情報番組『グッとラック!』の進行を務めていましたが、同番組はわずか1年半で終了。次のレギュラー番組が決まらないことをバラエティ番組で嘆くこともありましたよね」(制作会社関係者)

 ハセンアナは、6月27日放送の『週刊さんまとマツコ』に“悩める男性アナ”として出演。「やりがいとしていた」という『グッとラック!』が突如終了したため、「心に穴が開き、髪の毛も薄くなった気がして」「将来への不安が大きく何をしても身が入らない」と、番組MCの明石家さんま(66)とマツコ・デラックス(48)に相談した。

 マツコは「この人、本当に見なくなった」とハセンアナの現状をズバリ。これにハセンアナ自身も「今、ぽっかりあいてます」と仕事がほとんどない状態だと明かした。

 また、ハセンアナが「今後も番組改編はあると思うし、チャンスはあると信じているが、今までのルーティンも崩れて傷ついて……」と漏らす場面もあった。

 さんまには「(入社後)9年試されてアカンかってんから」と言われ、さらにマツコが「『(アッコに)おまかせ!』やって『グッとラック!』やって、なんでやれたのか冷静に考えたことある?」と質問すると、ハセンアナは「ないです。運もよかったり、実力より恵まれていた」と応じる。

 しかし、これにマツコは「若いイケメンで重宝がられてた。でも若くもないし、イケメンでもなくなった」と指摘し、「イケメンで若さだけじゃない何かを得たときに、“ハセンなんか面白い”ってオファーが来る」とアドバイスしていた。

■『news23』は低視聴率で大苦戦

 前出の制作会社関係者が続ける。

「実際にそのオファーが来た、ということでしょうか。『news23』といえば、TBSの報道番組の顔とも言える存在ですよね。ただ、現在、数字的には厳しい状況にあり、平均世帯視聴率は4%台を推移しています。

 同時間帯、有働由美子さん(52)の『news zero』(日本テレビ系)が8~9%前後ですから、半分ほどの数字しか取れていないんです。また、『news23』より1時間早くスタートしますが、『報道ステーション』(テレビ朝日系)もコロナ禍ということもあり、ここ1~2年で数字を伸ばしていて、15%を超えることもあります」

『news23』は1989年10月に日本を代表するジャーナリストである筑紫哲也さん(享年73)をメインキャスターに迎えてスタートし、2008年3月までは『筑紫哲也 NEWS23』というタイトルだった。

「筑紫さんが降板してからも『news23』として現在まで続く、“TBS報道の良心”とも言える番組です。当然、TBS内部でも“伝統を途絶えさせてはならない”という強いはありますが、視聴率が伴っていないんです。

『news23』には今、報道局の若い社員が多く入ってきているそうですが、ベテランスタッフ、重鎮も残っています。それは心強いことでもありますが、番組の作り方が昔のままだったりするので、若い視聴者は興味を持ちにくいことも。一方の『news zero』は13~49歳のコア層の視聴率をガッチリつかみ、コア視聴率も堅調だと言われています」(前同)

■国山ハセンアナの『news23』起用は“栄転”ではない!?

 同じTBSの報道番組では、ホラン千秋(32)がMCを務める夕方の『Nスタ』は好調で、世帯視聴率は8%から9%を推移。同時間帯では視聴率10%以上を記録することも多い日本テレビの『news every.』を猛追している。

「TBSの報道部門では『Nスタ』でしっかり数字を取っていきましょうという方針になりつつあるようです。『news23』も、アーティストの生パフォーマンスを見せる『news23 MUSIC』など若手スタッフによる新企画が始まっています。しかし、ベテラン勢とのバランスの部分で、番組内はいびつな状態になっているという話ですね。

 番組がひとつにまとまって、内容も数字も取っていくという態勢になるのはなかなか難しいようで、そういう意味では、かつては『news23』といえば“報道のTBS”の一丁目一番地でしたが、今はそうとは言えない状況だといいますね。

 9月からハセンアナがサブキャスターに就任するということですが、これも“大栄転”と言えるものではなさそうで、彼にとってはさらなる“地獄道”が待ち受けている可能性もありそうです」(前出の制作会社関係者)

 ハセンアナ投入のほか、秋の改編で『news23』は大幅リニューアルされるのだろうか!?

関連リンク

  • 8/22 7:40
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます