キンプリ高橋海人「眠い」「頭が固まる」弟キャラ全開『24時間テレビ』不安を明かす

拡大画像を見る

 King & Princeの高橋海人(22)が8月16日放送の『しゃべくり007×人生が変わる1分間の深イイ話合体SP』(日本テレビ系)で、“弟キャラ”を全開にする場面があり、ファンの間で話題となった。

 この日は、21~22日に放送される『24時間テレビ44』(日本テレビ系)でメインパーソナリティを務めるKing & Princeの5人をゲストに迎え、さまざまなトークを展開。その中で、MCを務めるくりぃむしちゅーの上田晋也(51)が『24時間テレビ』への出演で心配なことを尋ねたところ、永瀬廉(22)は「海人が途中で眠そうな顔とかしないかなっていうのが、ちょっと心配ではある」と答えた。

 高橋の顔を見たしゃべくりメンバーが「いまも眠たそうだもんね」と指摘すると、高橋は「そんなことないっすよ」と否定。しかし、永瀬によれば、高橋はすぐに眠くなってしまうことから、長丁場である『24時間テレビ』の収録中に「トロンとした顔にならないか心配」だという。

 今回の収録も遅い時間帯のようで、高橋が「もうちょっと早かったらよかった」と不満を述べたところ、くりぃむしちゅーの有田哲平(50)は「やっぱ眠てぇんじゃねーか!」とツッコみ、高橋を慌てさせていた。

 続いて、神宮寺勇太(23)は高橋が緊張しやすいタイプだと指摘。それについて問われると、高橋は「緊張しいです。あんまり本領発揮はできない。いまもたぶん、できなそうです」と答え、スタジオの笑いを誘った。これに上田が「いまそんなに緊張しなくていいから、リラックスして臨みなよ」とアドバイスしたところ、高橋は「(緊張)しますよ。だって芸人さん怖いっすよ。有田さんの目とか本当に(怖い)」と、しゃべくりメンバーの中でも特に有田に怯えていと明かしていた。

■おどおど高橋にファンは大喜び

 そんな中、番組では、高橋がクリエイティブディレクターの水野学氏(49)とデザインを手がけた『24時間テレビ』のチャリTシャツを紹介。オオカミをモチーフにしたデザインについて、高橋はフリーアナウンサーの徳光和夫(80)から「44回見てきたけど、キミのが1番いいよ」と絶賛されたことを明かすと、そのデザインにした理由について語り始めた。だが、話の途中で有田の冷たい視線を感じたところ、それにビビった高橋は突然、説明を終了。

 さらに、有田が徳光に絶賛されてどう思ったのか、やや厳しめの口調で質問すると、高橋はしどろもどろになり、上田から「オドオドすんな!」とツッコまれる始末。しゃべくりメンバーのイジりにタジタジの高橋だったが、こうした高橋の姿に、母性本能をくすぐられるファンが続出。ネット上では「母性本能やられまくり」「怯えてる海人くんみて、もうかわいすぎてかわいすぎて」「テンパってオドオドしてる海人くんほんとギューしてあげたい」などといった反響が相次いでいた。
 
 2月25日放送の『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日系)に出演した際には、弟キャラとして見られることに悩んでいると打ち明け、「“弟として見るんじゃねえ!”って言いたいんですよね」と不満を漏らしていた高橋。しかし、今回のイジられぶりを見る限り、“脱弟キャラ”どころか、その頼りなさには拍車がかかっているようだ。せっかくグループでつかんだ大役だけに、『24時間テレビ』でやらかさないことを祈りたい!

関連リンク

  • 8/22 7:08
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます