“一休さん”ゆかりの大徳寺真珠庵・住職が語る、コロナ禍と向き合う心の持ちようとは?

拡大画像を見る

放送作家・脚本家の小山薫堂とフリーアナウンサーの宇賀なつみがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「日本郵便 SUNDAY’S POST」。8月15日(日)の放送では、小山が京都府にある大徳寺真珠庵(だいとくじしんじゅあん)を訪れ、住職の山田宗正さんに取材してきた模様をお届けしました。


(左から)宇賀なつみ、小山薫堂



小山によると、大徳寺真珠庵は、アニメでもお馴染みの「一休さん」にゆかりのあるお寺で、寺内にはさまざまな塔頭(たっちゅう)があり、普段は一般公開されていないものの、2018年に400年ぶりに襖絵(ふすまえ)を新調。というのも、このお寺の本堂には長谷川等伯などの貴重な襖絵があったため、襖絵を修復するために取り外すことに。

その間、襖がなくなってしまうことから「新しい襖絵を作ろう」ということになり、漫画家の北見けんいちさん、ゲーム「ファイナルファンタジー」のアートディレクターをつとめた上国料勇さんら6人のクリエイターが襖絵を描く「襖絵プロジェクト」をスタートさせて大きな話題となり、特別公開されました。

山田住職と以前から親交のある小山は、「すごく伝統と格式のあるお寺なんですけど、常に新しいことに挑戦されているお坊さんですね」と話します。



小山が本堂に入ると、そこにはこのお寺の開祖である一休宗純(いっきゅう・そうじゅん/1394~1481年)の像が鎮座。山田住職に話を伺うと、「我々は、どんな理由で生を受けたのかよくわからないですけど、みんなどこからともなく『オギャー』と泣いて生まれて、(人によって)長い短いはあっても80~90年もすればいつともなく旅立つ。とても大きな大宇宙のなかの、ほんのピンポイントに生まれて泣いたり笑ったり。

その生きている間を“一休み”と考えれば、日常的に起こるいろいろなことは当人にとっては大変なことかもしれないけど、些細なこと。そんなに大げさに悩まなくてもいい。“心が痛い”“心が張り裂けそう”と言いますが、形のないものに振り回されてしまっているので、(目の前の出来事を)どう捉えて、どう活かしていくかは、心の持ちようで本人次第ですから」と語ります。

お寺のあり方について、「一休さんには及びもつきませんが、お寺に行って『お庭がいい』『建物が国宝だよ』『襖が古いよ』ではなく、そこにどんな和尚がいるかが一番大事なところ」と声を大にします。「そのお寺がどんな人によって日々管理されているのか。和尚の人となりに出会えなければ、それはむなしいこと」と言います。

人との出会いを大事にする山田住職は、コロナ禍になる前は定期的に座禅会を開催。それは国内だけにとどまらず、多いときには年に6回海外に出向き、座禅会をしたことも。

また、山田住職には、多くの人が苦境に立たされているこのコロナ禍と、どう向き合うべきか伺いました。

「エピキュリアン(快楽主義者)は、とてもストイックでずっと我慢をするんです。1杯のお酒を毎日飲んだらただのお酒だけど、3日に1回飲むと美味しくなり、1週間に1回だとさらに美味しい。なにか我慢をすると、そのことによって日常的なことがとてつもなく贅沢な至福のときになる。

いまコロナで困っている人にそう言うと、『なに言うてんねん!』って言う人もいるかもしれませんし、お商売をされている方は大変でしょうけど、幸いに、命に別状なく。

これからだんだんとワクチンも普及して、コロナ禍からなんとなく自由になったときは、それまでの日常生活がすごく素敵になるはず。マイナスを数え上げるのではなく、プラスを探そうよという感じですかね」

あらためて、山田住職への取材を振り返り、小山は「和尚の話を聞いていると、すごく気が楽になるんですよね」としみじみ。宇賀も感じ入った様子で、「これまで当たり前すぎて気づかなかったけど、“あれって、自分にとってすごく大切な時間だったんだ”“貴重なものだったんだ”というのがわかったり、逆に“必要ない”というものは削られていったり、実は悪いことばかりじゃなかったかもしれませんね」と話していました。



◆LETTER BOOTH with YOASOBI in代官山 蔦屋書店
8月16日(月)から、代官山 蔦屋書店に、「レターソングプロジェクト」のレターブースが登場。手紙を投函すると、番組から生まれたYOASOBIの新曲「ラブレター」が流れるジュークボックス型のMUSIC POSTが設置されています(※9月5日(日)まで)。お近くの方は、ぜひラブレターを書きに行ってみてください。

次回8月22日(日)の放送も、どうぞお楽しみに!

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容 を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年8月23日(月) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ

※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:日本郵便 SUNDAY’S POST
放送日時:毎週日曜 15:00~15:50
パーソナリティ:小山薫堂、宇賀なつみ
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/post/

関連リンク

  • 8/22 6:40
  • TOKYO FM+

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます