線路に転落した意識不明の男性 警察と市民が協力し、電車が迫る中での救出劇(米)

拡大画像を見る

米ニューヨーク市ブロンクス区にある地下鉄「149丁目-グランド・コンコース駅」で今月18日の正午前、ニューヨーク市警察の警察官4人がパトロールをしていた。

すると2/5番線から騒ぎが聞こえてきたので駆けつけると、1人の男性が線路に転落してしまっていた。この男性はジェシー・ブランチさん(Jessey Branch、60)で、友人に会いに行くため電車を待っている間に発作を起こしてしまったという。

線路上で倒れたジェシーさんは意識を失っており、これを見た警察官のルーペン・ロペスさん(Lupen Lopez)はすぐさま線路に降りて救助を開始、別の2人の警察官は電車を止めるため駅員のもとへと向かった。

救助の一部始終は目撃者によって撮影されているが、ルーペンさんが線路に降りてジェシーさんに駆け寄ると、ジェシーさんはかろうじて意識を取り戻したという。しかし自力で立ち上がるのは不可能な状態だった。

ルーペンさんはジェシーさんを立ち上がらせようとするが、脱力した状態の男性を1人で支えるのは難しく苦戦している。するとこれを見た一般市民の男性が、線路に降りて救助の手助けに入った。

2人でジェシーさんの脇を抱えるようにしてホームの方へ連れていくと、ホーム上で待ち構えていた別の警察官や居合わせた人々が協力してジェシーさんを引き上げることに成功した。

その間、ホームの奥では複数の人々が手やライトを振っており、到着目前の電車に止まるよう合図を送っている。線路にいたルーペンさんと男性がホームへ登り切った直後、電車がホームにやって来た。

幸いにも他の警察官の連絡があったことから電車のスピードは落ちており、救助現場の手前で停車することができた。とはいえ当人たちは電車が止まるかどうか分からなかったはずであり、現場にはかなりの緊張感が漂ったに違いない。

ジェシーさんは「ホームの壁を背にして、寄りかからずに立っていたのは覚えています。でもそこから記憶が無いのです」と振り返っており、次に気付いた時には病院へ向かう途中だったという。

現在入院中のジェシーさんは「肋骨が数本折れ、左腕も骨折してしました。助けてくれた方々には感謝しかありません」と話した。娘のニキータさん(Nikita)も「今回のことは、体調を崩した高齢男性にとって最善の行動だったと思っています。もし私がその場にいたら、警察官の手を握って感謝していたと思います」と明かした。

今回の件についてルーペンさんは「地域コミュニティと協力し、そして私たちが市民を助けるために存在していることを知ってもらえれば今回のような見事な出来事に繋がることが分かり、とても素晴らしい気分です」とコメントしている。

この投稿をInstagramで見る

NYPD(@nypd)がシェアした投稿

画像は『NYPD 2021年8月20日付Facebook「“What they do exemplifies what New York City officers do on a daily basis, they help their communities and they genuinely love to create a bond between police and the public, in this case saving a life,”」』『NYPD 2021年8月19日付Instagram「NYPD cops help New Yorkers at any cost!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 iruy)

関連リンク

  • 8/22 5:00
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

9
  • ホームワイヤーが 後発である事を 最新と混濁させてデメリットから眼をそらし身勝手な嘘情報を撒き散らかすのもダメだよな

  • 別天津神

    8/22 20:27

    あきひろや…その助けもしないダメな奴の『最たる者』がお前たろ?お前のコメントは、そっくりそのまま自分に返って来てると知れ…(˘・_・˘)ワカンネェダロウナァ…

  • トリトン

    8/22 19:51

    こちらはガードの扉が有るわ電車が止まったら壁のドアが開くようになってるよ。京都の藁のワイヤーとは次元が違うわ。

記事の無断転載を禁じます