忙しいあなたにおすすめのおすすめ短編小説11選!

拡大画像を見る

仕事やプライベートに追われ毎日忙しくて本なんで読めない、という方へ。そんなあなたにはサクッと読めて、簡単に小説の世界に入り込める短編小説がおすすめ。起承転結がコンパクトにまとめられていて、電車の中や寝る前などの数分で異世界に飛び込むことができますよ!

「おまじない」

この商品の販売サイトをチェック

出典:Amazon.co.jp(https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51BHqTIIiNL._SX353_BO1,204,203,200_.jpg)

詳しく見る

【作品概要】
著者:西加奈子
出版社:ちくま書房
出版年:2021年3月

【ポイント】
人気女性作家の西加奈子の最新作は、年齢や境遇の異なる8人の女性の物語。誰にも気付かれないような小さな悩みにも焦点が当てられていて、女性読者には特に共感できるシーンが多いかもしれません。それぞれのお話に『おまじない』の言葉が出てきて、重たかった心をスッと救ってくれるような作品集です。

「家族シアター」

この商品の販売サイトをチェック

出典:Amazon.co.jp(https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/512ZC-hipEL._SX356_BO1,204,203,200_.jpg)

詳しく見る

【作品概要】
著者:辻村深月
出版社:講談社文庫
出版年:2014年10月

【ポイント】
7の異なる家族を描いた物語の本書は、自分の家族と似ていてもそうでなくても『家族に会いたくなる』短編小説です。家族の中に起こる何気ない日常や喧嘩、すれ違いなど情景が頭に浮かぶ描写が想像を膨らませてくれます。近い存在だからこそぶつかってしまったり、離れていても分かり合えたりする、そんな家族を思い出させてくれる心温まるストーリーに注目です!

「東京奇譚集」

この商品の販売サイトをチェック

出典:Amazon.co.jp(https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51GZBVMABQL._SX343_BO1,204,203,200_.jpg)

詳しく見る

【作品概要】
著者:村上春樹
出版社:新潮社
出版年:2005年9月

【ポイント】
数々の名作を世に送り出してきた村上春樹の渾身の短編小説。不思議な出会いやちょっとした偶然など、心に留まるけれどずっと居続けるような重いものとは異なる感覚を与える物語を垣間見ることができます。アメリカに住む彼の体験談を交えたストーリーも、現地にいるような気持ちになります♪

「泣く大人」

この商品の販売サイトをチェック

出典:Amazon.co.jp(https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41QEA0BX7PL._SX333_BO1,204,203,200_.jpg)

詳しく見る

【作品概要】
著者:江國香織
出版社:角川文庫
出版年:2004年8月

【ポイント】
あっという間に大人になって、そのことを改めて考えることもなく過ごしている人に読んでほしいエッセイ集です。江國香織らしい優しい文章で、ああ、こういう楽しみや余裕って大人ならではだなと感じさせてくれます。そして若い頃を惜しむだけでなく、歳を重ねて大人の時間を愉しむのも悪くないな、という気持ちになりますよ。

「その日のまえに」

この商品の販売サイトをチェック

出典:Amazon.co.jp(https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41PnutPaWAL._SX342_BO1,204,203,200_.jpg)

詳しく見る

【作品概要】
著者:重松清
出版社:文春文庫
出版年:2008年9月

【ポイント】
幸せな家族に突如訪れた妻の余命宣告(『その日』のまえ)から、別れの『その日』、そして『その日』のあとの家族の姿を描いた作品です。死を前に家族は何を思うのか、悲しいテーマではありますが一読の価値あり。特別ドラマ化、映画化もされており、涙なしに読むことはできない感動作です。

その日のまえに

その日のまえに

2008年/日本

作品情報 / レビューはこちら

「クリスマス・プレゼント」

この商品の販売サイトをチェック

出典:Amazon.co.jp(https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/I/51thzMbGFrL._SY291_BO1,204,203,200_QL40_ML2_.jpg)

詳しく見る

【作品概要】
著者:ジェフリー・ディーヴァー
出版社:文春文庫
出版年:2005年12月

【ポイント】
本書は短編でもミステリーが読みたい!という方にぜひお勧めしたい作品です。本作の原題は「twisted(ひねられた)」というだけあって、騙されるようなストーリー展開が注目の読みどころです。一瞬で物語の世界に溶け込んでしまうので、電車の降り過ごしに注意が必要かもしれません…(笑)

「夜の床屋」

この商品の販売サイトをチェック

出典:Amazon.co.jp(https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51rVQzwGFdL._SX354_BO1,204,203,200_.jpg)

詳しく見る

【作品概要】
著者:沢村浩輔
出版社:東京創元社
出版年:2014年6月

【ポイント】
本書も上記同様ミステリーですが、若い男性2人が中心となって物語が進むのでちょっとした明るさがあります。ミステリーだと不気味なシーンなども多いですが、そういう意味では読みやすいです。とはいえ本書のような非日常的な謎解きは読みがいがありますよね◎

「さいはての彼女」

この商品の販売サイトをチェック

出典:Amazon.co.jp(https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/413r556TDyL._SX347_BO1,204,203,200_.jpg)

詳しく見る

【作品概要】
著者:原田マハ
出版社:角川文庫
出版年:2013年1月

【ポイント】
30代の敏腕女性経営者という順風満帆に見える人生を送るはずが、結婚とは程遠い人生になり、信頼していた人物も去ってしまうという辛いスタートから、『思いがけない旅』と『新しい出会い』を通して立ち直るストーリー。仕事や恋愛という肩の荷を少し下ろしたいと感じる方に、読んでほしい一冊です!

「イン・ザ・プール」

この商品の販売サイトをチェック

出典:Amazon.co.jp(https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41Y-YVqDLIL._SX351_BO1,204,203,200_.jpg)

詳しく見る

【作品概要】
著者:奥田英朗
出版社:文春文庫
出版年:2006年3月

【ポイント】
とある病院の精神科の伊良部一郎という医師と、悩みを抱えてそこを訪れる患者たちの物語集です。シリアスになりがちな病気の話題を、コミカルに描いた作品となっています。あまり重い気分にはなりたくない、という方におすすめの作品です。実は映画化もされているので、こちらもおすすめです!

イン・ザ・プール

イン・ザ・プール

2005年/日本/101分

作品情報 / レビューはこちら

「四畳半神話大系」

この商品の販売サイトをチェック

出典:Amazon.co.jp(https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51SBa3cat3L._SX357_BO1,204,203,200_.jpg)

詳しく見る

【作品概要】
著者:森見登美彦
出版社:角川文庫
出版年:2008年3月

【ポイント】
「夜は短し歩けよ乙女」でお馴染みの森見登美彦による短編小説です。薔薇色の大学生活を夢見ていた冴えない大学3年生。彼による『1年生の時に戻って、あの時こうしたら…』という具合で4話に分かれています。個性的なキャラクターや特徴的な文章は、森見登美彦ならではの面白さですよね。 アニメ化もされ、ファンも多い作品です!

「SF JACK」

この商品の販売サイトをチェック

出典:Amazon.co.jp(https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61l4+J5yVVL._SX351_BO1,204,203,200_.jpg)

詳しく見る

【作品概要】
著者:新井素子、上田早夕里、冲方丁、今野敏、小林泰三、堀晃、宮部みゆき、山田正紀、山本弘、夢枕獏、吉川良太郎
出版社:角川文庫
出版年:2016年2月

【ポイント】
本書は『SF』をテーマにした本SF作家クラブによる豪華なアンソロジー。まだあまりSF小説がわからない、という方にも、SF作家をもっと知りたい!という方にもおすすめできる一冊です。作品ごとに描く世界が異なるので、まさに現実逃避にぴったりかもしれません。

サクッと短編小説を楽しもう!

話題になっている本でも、長編小説だと意外と読み切るまでに億劫になってしまって諦めがち…短編小説ならそんな心配もなくすぐに読み切ることができます。ジャンルもエッセイ風のものから、ヒューマンドラマ、ミステリー、恋愛、コメディ、SFなど様々なものがあるので、お好みのものから読み始めてはいかがですか?

ソファーに横になり、読書をする男性

関連リンク

  • 8/20 17:00
  • 映画board

スポンサーリンク

ニューストップへ戻る

記事の無断転載を禁じます