【本日の注目ポイント】新潟メイン・日本海Sなど 小倉では藤田晋氏所有馬がデビュー

拡大画像を見る

 8/21(土)は新潟・小倉・札幌の3場開催。20日正午の馬場発表は新潟が芝・ダート共に良、小倉と札幌が芝良・ダート稍重。21日の天気は新潟が曇り、小倉が曇り時々雨、札幌が晴れのち雨の予報となっている。

■新潟11R・日本海Sにサトノラディウスなど
 新潟11Rは芝2200mの日本海S(3勝)。2走前に同クラス2着があるサトノラディウス、前走の2勝クラスを圧勝したエドノフェリーチェ、距離実績豊富なエヒトなどがスタンバイ。

■小倉11R・佐世保Sにダノンシティなど
 小倉11Rは芝1200mの佐世保S(3勝)。前走同舞台の2勝クラスを制したダノンシティ、前走2着でこのクラス卒業も見えてきたロジーナ、前走は1番人気に支持されていたクーファウェヌスなどがエントリー。

■札幌11Rでアルバーシャの連勝なるか
 札幌11Rは芝2600mの札幌日刊スポーツ杯(2勝)。前走で函館芝2600mの1勝クラスを完勝したアルバーシャが出走。横山武史騎手との初コンビとなるが連勝なるか。他にも、前走半年ぶりの休み明けを制したエアサージュ、皐月賞馬ディーマジェスティの弟ディーグランデなどが出走。

■札幌最終で良血馬が激突
 札幌12Rは芝1500mの千歳特別(1勝)。名牝ブエナビスタを母に持つブエナベントゥーラが9か月ぶりの復帰戦を迎えるほか、ホエールキャプチャの仔アルママ、ローブティサージュの仔レゾンドゥスリール、近親に重賞勝ち馬多数の良血レーヴドゥラプレリなどが出走する。

■新潟5Rの新馬戦はジャスパークローネに注目
 新潟5Rは芝1200mの新馬戦。米国産馬ジャスパークローネに注目したい。坂路で上々のスピードを見せており仕上がっていそう。M.デムーロ騎手とのコンビでデビュー勝ちなるか。

■小倉5Rでオーガスタスカイなどがデビュー
 小倉5Rは芝1200mで行われる牝馬限定の新馬戦。重賞勝ち馬クィーンズバーンを母に持つロードカナロア産駒オーガスタスカイ、調教で軽快な動きを見せ、初戦から期待できそうなディープブリランテ産駒インペリアス、新種牡馬サトノアラジンン産駒のヤマニンパンタジアなどがデビュー。

■札幌5Rの新馬戦にテンメジャーガールなど
 札幌5Rは芝1500mで行われる牝馬限定の新馬戦。ダイワメジャー産駒テンメジャーガールがルーキー小沢大仁騎手とのコンビでデビューするほか、良血のハーツクライ産駒ルージュレイア、フルーキーの姪にあたるロードカナロア産駒ベストスマイルなどが初陣を迎える。

■小倉6Rで藤田晋氏所有馬がデビュー
 小倉6Rはダート1700mの新馬戦。サイバーエージェント社長・藤田晋氏がオーナーの米国産馬ラヤスが、鞍上に武豊騎手を迎えデビューを飾る。順調に乗り込まれており初戦から期待できそうだ。

■浜田多実雄師のバースデー
 本日は浜田多実雄調教師の49歳の誕生日。管理馬は、小倉9R・都井岬特別のフルートフルデイズなど4頭が出走を予定している。

関連リンク

  • 8/21 6:00
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます