SixTONES「CDセールスは惨敗」でも京本大我・森本慎太郎・ジェシー「抜群バラエティ特性」でSnowManを大逆転!?

拡大画像を見る

 SixTONESの最新シングル『マスカラ』が49.6万枚を売り上げ、8月17日発表の『オリコン週間シングルランキング』で初登場1位を獲得した。

 初週セールスは2月17日リリースの『僕が僕じゃないみたいだ』の43.1万枚を上回り、ハーフミリオンに近いセールス記録を残している。

「CD不況が叫ばれる昨今でも50万枚近いセールスを残すのは、すごいことですよ。ただ、これだけの売り上げを残しながらも、同時デビューをはたしたSnowManのセールスにはまだ遠いんですよね……」(音楽ライター)

 SnowManはSixTONESとの合同デビューシングル『D.D./Imitation Rain』を皮切りに今年7月14日に発売された最新シングル『HELLO HELLO』までの4作品すべてが初週セールス80万枚超え。さらに、デビューシングルから『Grandeur』まで3作連続ミリオンという記録まで残している。

「悪くない、むしろすごい数字ですが、CDセールスでSixTONESはSnow Manに惨敗しています。ただ、Snow Manに負けっぱなしというわけではないんです」(女性誌記者)

■危険ロケ&天然コメント連発、翌日にはアーティストの一面……京本大我はバラエティ番組に引っ張りだこ!

 SixTONESがSnowManに対し、強力に対抗できる場所は“バラエティ番組”だという。

「8月13日放送の『沸騰ワード10』(日本テレビ系)では、SixTONESから森本慎太郎(24)がスタジオゲスト、京本大我(26)が御朱印集め企画のロケゲストとして出演しました。京本はこれまでも御朱印のために過酷なロケに挑戦。今回も大分県にある断崖絶壁に架かる石橋“無明橋”に行くため、ほぼ垂直な崖を登るなどアイドルは思えないほど厳しいロケに挑んでいました」(前出の女性誌記者)

 多くの人が足がすくんで動けなくなるような危険な崖をスイスイ登るなど、ロケでは大ハッスルを見せる京本だったが、その一方で笑いも忘れていなかった。

「京本は金運がアップするという胎蔵寺で“1億円が当たるダンス”と称して奇っ怪なダンスを披露したほか、8mの高さがある磨崖仏は自分が何人いればてっぺんに届くかといった天然ボケな発言を見せてくれていました。こうした発言にスタジオの森本が“何言ってんださっきから”などとツッコミを入れてさらに場を盛り上げ、京本の独特のワードセンスの面白さがより際立っていったんです」(前同)

 同じグループのメンバー同士、見事な連携を見せてくれた2人。しかし、京本も常にボケ倒しているわけではなく、8月14日に放送された『全国ハモネプリーグ大学日本一決定戦2021夏』(フジテレビ系)では違った一面を見せた。

「『ハモネプ』では審査員として、出場したアカペラグループの歌唱を見ていた京本ですが、『沸騰ワード』のときと違ってボケはなし。講評では、ボーカルの抑揚など音楽的な部分はもちろんのこと、曲が始まる前の出場者の細かい仕草の話までしていて、プロのアーティストとして的確なコメントを残していました」(同)

■『鉄腕ダッシュ』を牽引する森本、芸人超えセンスのジェシー

『沸騰ワード』でスタジオから京本のコメントにツッコミ続けていた森本も、バラエティ番組での活躍が目立つ。

「森本はTOKIOメインの番組『ザ!鉄腕!DASH!!(鉄腕ダッシュ)』(日本テレビ系)で大活躍中ですよね。『DASH島』や番組伝統の米作りに参加するほか、6月13日放送回では、番組中盤から城島茂(50)なしで、番組のメインとしてロケを行うということもありました」(前出の女性誌記者)

 さらにジェシー(25)、田中樹(26)は4月16日から放送されているダウンタウン・浜田雅功(58)MCの『オオカミ少年』(TBS系)にレギュラー出演している。

「『オオカミ少年』でも活躍する2人ですが、ジェシーは単独でも『有吉ゼミ』(日本テレビ系)でヒロミ(56)との『八王子リホーム』企画に参加し、『世界くらべてみたら』(TBS系)でも事実上のレギュラーとして出演。芸人顔負けのギャグセンスで番組を盛り上げています。

 田中も、6月23日放送の『あなたはこの衝撃に耐えられる?ワールドドキドキビデオ』(日本テレビ系)をはじめ、単発ながら多数のバラエティ番組に出演。『ワールド極限ミステリー』(TBS系)では、5月12日の放送回をはじめ何度かコーナーMCを務めるまでになっています」(前同)

■俳優でも大活躍・松村北斗は激辛料理を「絶叫完食」!

 高地優吾(27)は『スクール革命!』(日本テレビ系)の番組で実施されたオーディションがきっかけでジャニーズ事務所入りをはたした。

「高地は2009年5月にオーディションに合格して以降『スクール革命』にレギュラーとして出演し続けていて入所のときからバラエティ番組で鍛えられています。5月17日放送の『所JAPAN』(フジテレビ系)ではA.B.C-Zの河合郁人(33)とともに、『命がけ温泉』のロケで命綱を使って温泉に入るなど過酷なロケに挑戦。芸人顔負けのリアクション芸を見せた高地は大ハッスルしていました。

 また、俳優業での活躍が目立つ松村北斗(26)も、3月22日放送の『有吉ゼミ』で激辛グルメの完食にチャンレンジ。震えながら食べ進めたり、“ああああぁぁ”と本気で絶叫したり、松村は場を盛り上げながらしっかり完食していましたね」(前出の女性誌記者)

 メンバー6人全員がバラエティ番組でしっかりとした強烈な爪痕を残せているのだ。

「Snow Manは『それSnowManにやらせて下さい』(TBS系)の地上波放送があり、SixTONESは冠番組のスタートでも遅れをとっています。しかし、さまざまなバラエティ番組に対応できる特性をメンバー全員が持っています。

 SixTONESのメンバー全員がバラエティ番組で大活躍できる素質がありますし、もうそれが顕在化しつつある。近い将来、バラエティ番組で大ブレイクしてSnow Manに逆転できる可能性も十分あるのではないでしょうか」(前同)

 SMAPのように……SixTONESがバラエティスターとなれる日も近い!?

関連リンク

  • 8/21 8:10
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます