「この人といたらダメになるかも」と感じる彼氏の口癖9パターン

どんなに交際が順調でも、ちょっとした一言がきっかけで、彼女に将来への不安を感じさせてしまうことがあります。では、どんな言葉が二人の交際に不穏な影を落とすのでしょうか。そこで今回は、10代から20代の独身女性204名に聞いたアンケートを参考に「『この人といたらダメになるかも』と感じる彼氏の口癖」をご紹介します。

【1】「愛がすべて」を言い訳に仕事をおろそかにする
「最初の頃は嬉しかったけど…」(20代女性)というように、ラブラブな時期に言いがちなセリフが後々不安の種になることもあるようです。しかし、「君が一番大事。仕事も大事だけど二番目かな」程度なら、問題視されることもないでしょう。

【2】「宵越しの銭は持たない」と勢いばかりで計画性がない
「ワイルドでいいと思ったけど、それだけじゃね」(20代女性)というように、威勢がいい「だけ」の男性は、遅かれ早かれ彼女から見限られてしまうでしょう。「デートや旅行にはお金を使うけど、普段の食事は自炊する」など、お金の使い方にもメリハリが必要かもしれません。

【3】「オレは悪くない」とすぐに責任転嫁する
「結婚したら全部私のせいにされそう」(20代女性)というように、自分の非を認めない性格は、長期的な交際を考えたときに「難あり」と評価されるようです。仕事の愚痴などで飛び出しがちなセリフなので、彼女と話をするときには気を付けたほうがいいでしょう。

【4】「昔はすごかった」とことあるごとに過去の武勇伝を披露する
「『今はどうなの?』って言いたくなる」(20代女性)というように、自分をよく見せようとするあまり、過去の自慢話を展開していると、「将来性なし」と判断されてしまうかもしれません。武勇伝より夢のほうが女性の胸に響くと心得て、少し先の未来を語るよう心がけましょう。

【5】「ごめんごめん」とすぐに謝るが気持ちが入っていない
「いい加減だなー。真面目な話ができなさそう」(10代女性)というように、ノリが軽いとせっかくの謝罪も逆効果かもしれません。「ごめん、ごめん」「申し訳ない、申し訳ない」など、2回繰り返すと軽く聞こえやすいので、まずはその癖から正してはいかがでしょうか。

【6】「一発逆転!」とギャンブルに熱中する
「堅実な感じがしない」(20代女性)というように、賭け事は安定志向の女性にとって受け入れがたい趣味であるようです。自分の家計にとってもあまりいい影響を及ぼさないので、彼女のためにギャンブルを卒業してもいいのではないでしょうか。

【7】「どっちでもいいや」と思考を停止して決断しない
「やっぱり彼氏にはリードしてほしい」(20代女性)というように、男性に決断力や意思の強さを求める女性は少なくないようです。どちらか決めかねる場合も、「Aがいいと思うけど、Bでも対応できるよ」などと、選択肢を示した上で彼女に判断を委ねる言い方をしましょう。

【8】「やればできる男だから」と努力を先送りにする
「いつやるの!? 聞き飽きました」(20代女性)というように、口だけで態度や結果が伴わないと、どんな女性もうんざりしてしまうでしょう。すぐに結果は出なくても、頑張る姿を見せることができれば、信じてついてきてくれる女性もいるのではないでしょうか。

【9】「どうせオレなんか」と自分を卑下して開き直る
「それって結局言い訳だよね」(20代女性)というように、自分の能力や環境を嘆いていると、「やる気がない本音」を見透かされてしまうでしょう。「オレだってこれからは!」というポジティブな発言を続けていれば、自ずと行動も変わってきそうです。

どのセリフも、意識せずに話していると、ポロリと飛び出しがちなものばかりです。女性は彼氏の発言を厳しくジャッジしていると肝に銘じて、まずは発言から、次に態度を変える努力をしていきましょう。(小倉志郎) 【調査概要】 期間:2014年3月11日(火)から18日(火)まで 対象:合計204名(10代、20代の独身女性) 地域:全国 方法:インターネット調査

画像をもっと見る

関連リンク

  • 8/20 15:00
  • スゴレン

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます