大雨による土砂災害で災害派遣をされた自衛隊 約300人隊員と3匹の犬たちが活動終了

拡大画像を見る

2021年8月13日、長崎県から災害派遣要請をされた陸上自衛隊。

長崎県雲仙市では、大雨による土砂災害が起きていました。

雨で足元がぬかるむ中、泥だらけになって行方不明者を探す様子がTwitterに投稿されています。

同月19日、長崎県知事からの撤収要請によって自衛隊は災害派遣活動を終了。

同月14日から19日まで、約300人の防衛省・自衛隊員が活動したといいます。活動した中には、災害救助犬3匹も含まれていました。

Twitterには、活動にあたった自衛隊、そして3匹の災害救助犬への感謝のコメントがたくさん寄せられています。

・災害派遣ありがとうございます。これ以上被害が起きませんように。

・お疲れ様です。隊員の方々もご自愛ください。

・ガゼル、ユリア、トムありがとう。表情を見ると隊員からたっぷりの愛情をもらっているんだろうな。

二次災害が起こる可能性もある中、救助や復旧活動にあたった自衛隊に心から感謝をしたいですね。

[文・構成/grape編集部]

出典 @jointstaffpa@JGSDF_4D_pr

関連リンク

  • 8/20 13:24
  • grape

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます