アーセナル、ウーデゴーア&ラムズデール獲得へ残すは発表のみ…次節メンバー入りも?

拡大画像を見る

 アーセナルは、ノルウェー代表MFマルティン・ウーデゴーアとイングランド代表GKアーロン・ラムズデールの獲得発表を目前に控えているようだ。19日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 プレミアリーグ開幕戦では昇格組ブレントフォードに敗れたアーセナル。今季初戦で戦力面に不安を感じさせたガナーズだが、補強を目指していたポジションにそれぞれ即戦力を迎えることとなりそうだ。昨季の後半戦にレンタルで加入したウーデゴーア、そしてEURO2020の準優勝メンバーにもなったラムズデールをほぼ手中に収めたと考えられている。

 レアル・マドリードに所属するウーデゴーアは、ボーナス込みで3400万ポンド(約51億円)という移籍金でアーセナルへと加入する模様。一方プレミアから降格したシェフィールド・Uに所属するラムズデールは、2400万ポンド(約35億円)の移籍金でアーセナルが合意へ取り付けたようだ。両選手ともすでに移籍に向けた契約手続き、さらにはメディカルチェックまで済ませており、まもなく移籍が発表されるものと見られている。

 なお、アーセナルは22日にプレミアリーグ第2節のチェルシー戦を控えているが、この試合にはラムズデールのみがメンバー入りを果たす可能性が高いという。スペインからやってきたウーデゴーアは現在労働ビザを申請している最中で、手続きの完了がチェルシー戦には間に合わない見込みだ。

関連リンク

  • 8/20 12:07
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます