宮脇咲良、韓国の芸能事務所と契約しても「移籍」にはならない?

 4月に活動を終了した「IZ*ONE」の元メンバーで、6月にHKT48を卒業した宮脇咲良が、韓国での活動を再開するとのニュースが話題となっている。

 8月19日には一部ニュースサイトが「宮脇咲良が韓国活動を再開することが確定した」との記事を掲載。BTSらが所属する韓国レーベル「HYBE」(ハイブ)系列の芸能事務所と専属契約を締結したと報じている。

 この件に関してHYBE側が、契約に関連する内容については確認できないと伝えたとの報道もあり、情報は錯そう。ファンにも混乱が広がっているようだ。

「IZ*ONEがもともと期間限定のユニットだったこともあり、宮脇が韓国でアーティスト活動を続けることに期待する声は当初からあがっていました。HKT48を卒業したこともファンの間では韓国行きを後押しする要素とみられています。K-POPが日本国内で市民権を得ていることもあり、彼女が『K-POPアーティスト』になることについてファンにさほどの抵抗感はないようです」(芸能ライター)

 これで宮脇が韓国側と専属契約を交わしたら、彼女は完全にK-POPアーティストとなってしまうのだろうか?

「今回の報道では《宮脇咲良が韓国事務所に移籍か》と報じるメディアもありますが、たとえ韓国に活動の軸足を移す場合でも、日本の事務所を辞める必要はありません。アーティストではマネージメント契約とアーティスト契約が別々というのはわりと一般的なケース。宮脇に関しても、日本人K-POPアーティストとしての音楽活動は韓国の事務所で仕切り、CM出演など芸能人としての活動は日本の事務所が仕切るという形になる可能性が高そうです」(前出・芸能ライター)


 芸能活動や生活のすべてを韓国に移すなら完全移籍もあり得るが、日本での活動をゼロにするとは考えづらく、日本の事務所にも籍をおいておくほうがメリットは大きいはず。宮脇のファンは彼女の「専属契約」を心配しなくてよさそうだ。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 8/20 11:15
  • asageiMUSE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます