卵料理がグッと美味しくなる! 100均の「たまご調理グッズ」が想像以上に便利だった

拡大画像を見る

 毎日の料理で欠かせない食材といえば、たまご。洋食にも和食にも、そしてお菓子作りにもたまごは無くてはならない存在です。毎日使うものだから、少しでも楽に調理ができたら良いですよね。

 そんなみなさんにおすすめなのが100円ショップ。キッチングッズコーナーにいくと、たまご料理が楽になるアイディア商品がずらりと並んでいます。この記事では、100円ショップの数あるたまご関連商品の中でも、筆者が実際に使って特に良いと思った「エッグタイマー」、「黄身わけ器」、「温泉たまご器」をご紹介します。

割らなくても茹で加減がわかる!「エッグタイマー」

 料理に使うのはもちろん、小腹が減った時やダイエット&体づくり中などにも何かと重宝するゆでたまご。「ただゆでるだけ」と作り方は至ってシンプルですが、ゆで加減を調整するのはなかなか難しく、好みの硬さにならないことも多いですよね。

 しかし、この「エッグタイマー」さえあれば、ほぼ100%、好みの硬さのゆでたまごを作ることができます。

 使い方はとっても簡単。ゆでたまごを作るときに、生たまごと一緒にこのエッグタイマー を鍋に入れるだけ。時間が経つとお腹のピンク部分が少しずつ白くなり、たまごのゆで具合を教えてくれます。

 SOFTは半生、MEDIUMは半熟、HARDは固ゆで。好みの状態まで色が白く変化したら、たまごを取り出します。せっかくなので今回は、感覚では作るのが難しい半熟と固ゆでの中間のゆで具合にしてみました。

気になる出来上がり具合は……?

 ドキドキしながら割ってみると、まさに理想的な固さに仕上がっていました! 時間を計る手間もなく、ただエッグタイマーを一緒に鍋に入れるだけで、好みの固さのゆでたまごを作れるのは本当に便利です。

 筆者はもう何度もエッグタイマーを使っていますが、今のところ、好みの固さにならなかったことは一度もありません。100円ショップのロングセラー商品で、基本的にどの100円ショップでも買うことができますよ。

破れない!汚れない!「黄身わけ器」

 特にスイーツ作りの時に使えるのが、この「スルッと分かれる!黄身分け器」。その名の通り、黄身と卵白を簡単に分けることができる便利グッズです。実際に使ってみると、本当に使い勝手が良くて驚きました。

 ボウルや器のフチにかけて、黄身分け器をめがけてたまごを割るとこの通り。一瞬で黄身と卵白が勝手に分かれます。

 黄身わけ器に黄身だけが綺麗に残りました。これさえあれば、分ける途中で黄身が破れたり、卵白と黄身が微妙に混ざってしまう失敗がなくなります。手が汚れないのも嬉しいポイント。

 ちなみに、このアイテムはボウルや容器のフチに掛けるだけで、しっかり固定されるよう工夫されています。細いフチにも太めのフチにも対応しているので容器を選ばず、使い勝手はかなり良いですよ。筆者はキャンドゥで購入しましたが、ダイソーでも見かけました。

もう二度と失敗しない!「温泉たまご器」

 おかずにもトッピングにもなる温泉たまごは、美味しいけれど意外と作るのが難しいですよね。筆者もこれまで、幾度となくネットで失敗しない温泉たまごの作り方を検索して、あるときは鍋を使い、あるときは電子レンジを使い……と、いろいろ試してはいるものの、いまだに「これだ!」という作り方とは巡り合えずにいました。

 そんな中、100円ショップ『seria』で見つけたのが「温泉たまご器」。なんと、鍋もレンジも使わずに、“ほったらかすだけ”で本格温泉たまごが作れるという商品です。

 容器に生たまごを殻のまま2つ入れたら、沸騰したお湯をラインまで注いでフタをします。容器の底に小さな穴が開いていて、この穴から約13分かけてお湯が流れ出るので、全部無くなったら完成。たまごを取り出して、割れば温泉たまごになっているそうです。

「本当にこんなに簡単に温泉たまごが作れるの?」と半信半疑でしたが、割ってみるとちゃんと出来ていてびっくり!

 固まりすぎず、ゆるすぎず、絶妙なゆで加減。ふんわりした白身とトロットロの黄身が良い感じで、理想的な温泉たまごです。

 時間を計ることも、鍋の中でまわす事も、電子レンジの中を何度も確認する事もなく、ただほったらかしでこのクオリティの温泉たまごが出来るなんて感動! もう一品欲しい時、トッピングが物足りない時にさっと温泉たまごが作れて重宝しています。

 今回ご紹介したのは3商品ですが、100円ショップには他にもたくさんのたまご調理便利グッズがあります。工夫を凝らした目からウロコなアイディア商品も多いので、ぜひ毎日の料理にお役立てください。

(撮影・文◎佐々木 舞)

関連リンク

  • 8/20 10:50
  • 食楽web

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます