Snow Man深澤辰哉&目黒蓮、理想の浴衣・髪型は?「憧れちゃう」

【モデルプレス=2021/08/20】Snow Manの深澤辰哉と目黒蓮が、19日放送のグループでレギュラーを務めるラジオ番組「Snow Manの素のまんま」(文化放送/毎週木曜21時~)に出演。夏祭りの思い出や理想の浴衣について語った。

◆深澤辰哉、夏祭りの思い出明かす

この日の放送では、リスナーからの質問をきっかけに浴衣についてトーク。祭りは私服で行くか、甚平で行くか、という話題になると目黒は「完全に私服でした。でも、浴衣で来られてる方とか見るじゃないですか。そうすると『いいな』って思う」と答えた。

一方、深澤は1度甚平を買ったことがあると話し「着て行こう!と思って、着替えて、玄関ばっと出たときに『ちょっと待てよ。これ恥ずかしいな』と。しかも別に誰かと行くとかじゃなくてひとりで行こうとしてたから、恥ずいな、と思って、私服に着替えてまた行った」とエピソードを明かした。

◆深澤辰哉&目黒蓮、理想の浴衣と髪型は?

女性の理想の浴衣について深澤は「水色とか結構見るイメージ」と話し「水色とかだと夜とかでも目立つんだよね。すごく映えるというか」コメント。目黒も頷き「THE夏のお祭り感が出るよね。それ着ながら金魚すくいとかヨーヨー釣りとかしてほしいもん」と語った。

2人はラウール主演の映画『ハニーレモンソーダ』でも夏祭りのシーンがあったと振り返り「女性は浴衣を着てさ。あんなの憧れちゃうよね」「めっちゃ良いシーンだったもんね」と声を弾ませた。

さらに、浴衣を着たときの髪型はアップ派かおろす派かという話に展開すると、目黒は「むずいね。その人が好きなのやってたらなんでもいい。これして、とかっていうよりも好きなものをやってたらその感じが好きだけど…強いていうならおろす」と回答。

深澤は「いや〜〜〜悩ましいですね〜〜!」と悩み「普段だったら何もしてないのが好きなんです。浴衣となるとそのときだけアップにしてる、っていうのも魅力的ではありますよね。普段おろしてる人がそこだけ…」と熱弁。目黒は「祭りの話だけで30分いける人?」と笑っていた。(modelpress編集部)

情報:文化放送

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 8/20 10:29
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます