宮迫博之、雨上がり決死隊解散後「新謝罪動画」には3.1万低評価も…地元・大阪で「豪邸建設計画」

拡大画像を見る

 お笑いコンビ・雨上がり決死隊が、8月17日をもって解散することを『アメトーーク 特別編 雨上がり決死隊解散報告会』で発表した。

 番組は17日20時にABEMAと吉本興業のYouTube公式チャンネルで約2時間にわたって配信され、宮迫博之(51)と蛍原徹(53)がそろってコンビのキャリアを代表する番組『アメトーーク!』(テレビ朝日系)のセットに登場。

 宮迫がYouTubeをやり始めてからコンビの方向性に違いが生じ、今年4月に蛍原から解散を切り出したことなど、解散に至るまでの経緯が明かされた。

 番組には2人のことをよく知る、東野幸治(54)、出川哲朗(57)、ケンドーコバヤシ(49)、狩野英孝(39)、FUJIWARAの藤本敏史(50)と原西孝幸(50)がゲスト出演。雨上がり決死隊や『アメトーーク!』にまつわるトークを展開し、番組を盛り上げた。

 8月19日未明、宮迫は自身のYouTubeチャンネル『宮迫ですッ!』に「昨日のアメトーーク!を終えて、お伝えしたいことがあります。」と題した7分33秒の動画を投稿。

 冒頭、「こんなしでかした人間のために、あんな素晴らしい場所を用意してくださったAbemaTVさん、テレビ朝日さん、吉本興業さん、スタッフのみなさん、演者のみなさん、そして蛍原さん、本当にありがとうございました」と頭を下げた。

『解散報告会』ではFUJIWARAの藤本が号泣しながら「解散するのは宮迫さんのせいですよ!」と訴える場面があったが、宮迫はこれに「フジモンに言われたことがすべてです。全部僕のせいです。僕のせいで雨上がり決死隊というのはなくなってしまいました」とコメント。

 また、解散の原因となったYouTuberデビューのタイミングも「ずっと“コラボ相手の都合が”っていう言い訳をしてしまってました。でも、ちゃんと土下座して本気で謝って、お願いしたら、ズラすことはできたと思います。結局僕は自分のことばっかり考えてたと思います」と後悔の念を露わにした。

 蛍原に対しては「こんなにツラい思いしてるか考えられてなかった。(蛍原が)1年半、ずっと泣いていたって。そんな思いさせてたなんて、わかってあげられませんでした。最後に解散という一番ツラい決断を蛍原さんにさせてしまいました。本当にごめん。32年間、いっぱい問題を起こす自分のために、ずっと頭を下げてくれてました。ホンマにごめん」と謝罪した。

■宮迫の動画に対して「アメトーク内でもっと真剣に謝罪しているはず」と厳しい声

 YouTubeのコメント欄には「解散はとても残念ですがこれからはそれぞれで頑張ってくださいね」「きちんと自分の非を認めて、反省して謝罪することは本当に素晴らしいと思います」「今は辛くて大変だと思うけど、みんな宮迫さんの動画を待ってると思いますので、楽しい動画を上げ続けてください」といった声が寄せられている。

「YouTubeに寄せられるコメントは宮迫さんのファンからのものですから、概ね好評ですよね。ただ、再生回数約190万回(すべて8月20日AM6時現在)のこの動画に約3万1000件もの“低評価”がついているんです。

 一方、3月31日にアップしたFUJIWARAとのコラボ動画も100万再生超えをしていますが、低評価はわずか700。18日にアップした謝罪動画がいかによく思われていないかがうかがえます」(WEBライター)

 宮迫の謝罪動画に対してネットには「本当にそう思ってるなら番組内で言う事じゃないですか 後出しでは何とでも付け加える事ができる」「批判が殺到したから慌てたのでしょうね……。そうでなければアメトーク内でもっと真剣に謝罪しているはず」「これを動画に上げるのがまた変だよなあ。本当にそう思うなら、自分の動画を蛍原さんに送ればいいじゃない。手紙を書けばいいじゃない。何で世の中に向けて発信するのか分からん」といった批判的な声が多数上がっている。

「多くの人が宮迫さんが謝罪動画で発した言葉を“番組で言わないと”と感じているわけです。謝罪動画には広告がついていませんから、再生数を稼いでもお金にはならないはずです。

 しかし、番組で言うべきことを言わずに、自分のYouTubeチャンネルで発信するというのは、宮迫さんの行動が“YouTuber的”になってきているからとも言えそうですね」(前同)

■“謝罪動画”低評価も……宮迫が大阪に1億円豪邸建設計画

『解散報告会』でも空回りする場面も多々見受けられ、謝罪動画も多くの低評価を受けている宮迫だが、YouTuberとしての活動はすこぶる順調なようだ。

「各動画の再生回数は一時期に比べれば落ち着いていますが、広告案件も増えているようでしっかり稼げているみたいです。噂によると『アメトーーク!』など、テレビでバリバリやっていた時代以上に稼げているといいますよ。闇営業問題前、テレビに出ていた頃の宮迫さんの年収は3億円とも言われていましたが、今はそれ以上なのかもしれませんね。ただ多くの制作スタッフを抱えているため、手元に残るお金はそこまでではないとも言われていますが」(お笑いプロ関係者)

 そんな宮迫だが、故郷である大阪に大豪邸を建築する計画があるという。前出のお笑いプロ関係者が続ける。

「実は宮迫さんは、2019年の春に大阪の中心地から少し離れた場所ですが、そこの高級住宅街に約80坪の土地を買っているんです。土地だけ買って2年以上手つかずだったようですが、これから、そこに家を建てる計画があるそうなんです。

 おそらく土地だけでも4000万円近く、これから建設される建物を入れると1億円は下らないのではないでしょうか。すぐにということはないでしょうが、将来的には、地元の大阪に錦を飾る形で戻るとも噂されていますね」

 宮迫は人気YouTuberのヒカル(30)と焼肉店を共同で経営することを発表している。また、2015年にはたこ焼き店「みやたこです」もオープンさせ、全国展開を計画していた。

「現在はコロナ禍で飲食店にとっては厳しい状況が続いています。ただ、ここをしのいで、YouTuberとして第一線を退いたとしても、実業家として事業を展開していくという未来もあるのかもしれません」(前同)

 宮迫は「戻りたい」と熱望していた『アメトーーク!』、そして蛍原と決別して新たな道を歩んでいくのだろうか――。

関連リンク

  • 8/20 7:10
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます