斎藤工“ヘミングウェイ”、白石麻衣“詠美”の身に迫る危険を予言!

拡大画像を見る

斎藤工が主演を務める金曜ナイトドラマ『漂着者』(テレビ朝日系、毎週金曜23:15~※一部地域を除く)の第4話が、8月20日23時45分から放送される。

とある地方の海岸に全裸のイケメン男性が漂着したところから始まるこの物語。記憶がなく、自分が何者かもわからない謎の漂着者・ヘミングウェイ(斎藤)が、世間を騒がせている事件を解決に導く予言めいた力を発揮したことで、次第に人々から崇められる存在になっていく。

秋元康が本作の企画・原作を担当し、白石麻衣、野間口徹、戸塚純貴、橋本じゅん、岩谷健司、リリー・フランキー、生瀬勝久らが出演する。

前回放送された第3話では、ヘミングウェイのピアノの演奏に新谷詠美(白石)が涙を流すシーンに、ネット上では「まいやんの涙の演技素晴らしい!」「まいやんの涙も美しかったし、斎藤工さんも素敵だった」「過去の気持ち受け止めたい」などのコメントが寄せられた。

<第4話あらすじ>
突然、ヘミングウェイ(斎藤)の前に「あなたの婚約者です」と、着物姿の妖しい美女・古市琴音(シシド・カフカ)が現れる。

新聞記者・新谷詠美(白石)とヘミングウェイの動画を撮影し続ける女子高生3人組は、この自称ヘミングウェイの婚約者・琴音のインタビューを行うことに。しかし琴音は、彼の名前すら知らず、「婚約していたのは1400年前」と平然と言ってのける。単なる冷やかしか……と、女子高生らがガックリする中、詠美は琴音の腕にヘミングウェイと同じ柄のタトゥーが入っていることに気づく。社会部キャップ・橋太(橋本)は、このタトゥーが、現代人は退化してしまった“第六感”を現在も受け継ぐ遺伝子をもった民族の証なのではないか……と、真顔で現実離れしたことを言う詠美を危惧し始める。

一方、世間では、再び行方不明になった少女の居場所を言い当てたヘミングウェイに熱狂する人が続出。彼がまるで神のように崇められていく中、いまだ事件に関与していると信じて疑わない警察は、事情聴取のためヘミングウェイを呼び出す。自分を犯人扱いする警察にも、連日自分を狂信する人々が増えていくことにも一切動じない彼だが、突然現れた琴音に記憶の断片を刺激されたような感覚に……。「彼女と会ったことがある気がする」と言うヘミングウェイは、NPO法人「しあわせの鐘の家」の代表・ローゼン岸本(野間口)に、琴音を施設に招いてほしいと頼む。

その日の夜、帰宅した詠美が、殺された大学の准教授・古郡(森準人)から託されたUSBの中身を確認しようと試みているところに、ヘミングウェイから「キミの身に危険が迫っているから、早く家を出た方がいい」と電話がかかってくる。ヘミングウェイの“第六感”を信じ始めた詠美は、息をひそめて身構えるのだが……!?

そんな中、新たな事件が発生! 幼稚園のバスが13人の園児を乗せたまま消息を絶つという事態に、刑事の柴田俊哉(生瀬)らは騒然となる。しかし、警察はあてにならないと考える園児の親たちは、揃ってヘミングウェイの起こす奇跡を願い始める――。

関連リンク

  • 8/20 6:00
  • テレビドガッチ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます