ローマFWペドロが禁断の移籍…恩師サッリ率いるラツィオがSNSで獲得発表

拡大画像を見る

 ラツィオは19日、ローマから元スペイン代表FWペドロ・ロドリゲスを獲得したことをSNSで発表した。

 現在34歳のペドロはバルセロナの下部組織出身。トップチームでは3度のチャンピオンズリーグ(CL)制覇や5度のリーグ優勝など、多くのタイトルを獲得した。2015年8月にチェルシーに移籍し活躍すると、2020年8月にチェルシーからフリーでローマに加入。昨シーズンは公式戦40試合に出場し、6ゴール7アシストを記録した。

 ローマとの契約は2023年6月30日までとなっていたが、今夏にローマの指揮官に就任したジョゼ・モウリーニョ監督が同選手を構想外とみなし、プレシーズンマッチも欠場。ローマはペドロのフリー移籍を容認し、チェルシー時代に同選手を指導したマウリツィオ・サッリ監督率いるラツィオが獲得を決めた。

 なお、移籍情報サイト『transfermarkt』によると、ローマからラツィオへの移籍は1985年夏のイタリア人の元GKアストゥティッロ・マルジョグリオ氏以来、実に36年ぶりの出来事になる。また、両クラブ間の直接移籍は、2016年にラツィオからローマに移籍したセネガル人DFムスタファ・セック氏以来となる。


【画像】ラツィオの新背番号「9」ぺドロ


関連リンク

  • 8/19 20:57
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます