ベテランDFケーヒルがボーンマス加入へ…フリー移籍に向けメディカルチェック

拡大画像を見る

 元イングランド代表DFガリー・ケーヒルがチャンピオンシップ(イングランド2部)のボーンマス加入に向けてメディカルチェックを行っているようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 ケーヒルはボルトンやチェルシーなどで活躍し、2019年夏にチェルシーからクリスタル・パレスへとフリー移籍。同クラブでは公式戦通算47試合に出場したが、今夏契約が満了し退団が決定。現在フリーとなっている。

 イングランド代表として61キャップを記録したケーヒルは現在35歳。ベテランとなった同選手の獲得にボーンマスが動いているようだ。

 同メディアによるとボーンマスとケーヒルは1年間の新契約で合意。メディカルチェックを経て発表に至るようだ。

関連リンク

  • 8/19 20:06
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます