吉木りさ、中学時代に受けたいじめ告白「教室に入るときも足が鉛のように重い」

【モデルプレス=2021/08/19】タレントの吉木りさが18日、元NHK職員で「お笑いジャーナリスト」として活動する芸人・たかまつななのYouTubeチャンネルに出演。中学時代にいじめを受けていたことを告白した。

◆吉木りさ、中学時代のいじめを告白

子供の自殺率が上昇していることを受け始まった、過去にいじめられていた経験がある人に当時の経験を語ってもらうという企画に出演した吉木。

中学時代にいじめを受けていたという吉木は「私本当に人見知りだったんです。緊張してしまうと今もたまにそうなっちゃうんですけどすごい噛んじゃうんですよ。言葉が上手く出てこなかったりして」と当時の自分の性格を振り返ったうえで、「たまに陰口を言ってひそひそ笑ってたり」と自身が受けていたいじめを明かした。

「なんて言われてるのか気になったので聞いてみたら、すごくぶりっ子だとか、色目使ってるとか、あとあの声はどう考えても作ってる変な声、うざいとか気持ち悪いじゃないですけどそういったようなことを割とダイレクトに言ってくれてショックだったんですよね」とひどい陰口を言われていたことを振り返り当時の心境を語った。

いじめを受け「教室に入るときも足が鉛のように重いんですよ。入れなくてあまりにも辛くて、だからよく保健室に逃げ込んだりとか、あとはカウンセラー室に行ったりとか、あとは不登校になるしか無かったりとかそんなふうに逃げてはいましたね」と逃げることしか出来なかった過去を明かした。

◆吉木りさ、いじめ経験を経て

家族の支えにより、いじめを乗り越えた吉木。

現在、1児の母となり、いじめについて「思春期だったり大人になればなるほど、それって色んな人の家庭関係だったり自分自身のいろんなバックボーンによってそうなってしまうこともあると思うんですけど、でも最初はみんな同じだよねっていうふうに考えられると言うか余計そう思いましたね」と考えるようになったと明かした。

また、同日のブログでも「当時のクラスメイトの方々がこの動画をたまたま見た時に悲しい気持ちになってしまうかもしれない それは1番私の望んでいないことなので、できるだけ冷静に、客観的に話すよう努めました」とつづり、「いじめる側、いじめられる側、傍観する側、誰しもが経験したことがあると思います。辛い思いをしている方にとって少しでも気持ちが晴れるきっかけになりますよう祈っております」と願いを込めている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

  • 8/19 19:12
  • モデルプレス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます