10月からPayPayの決済システム利用料発生、3%の上乗せ振り込みキャンペーンで“補填

拡大画像を見る

 スマートフォン決済サービス「PayPay」の加盟店(年商10億円以下)における決済システム利用料が、10月1日から発生する。基本はユーザーが「PayPay」で決済した取引金額の1.98%と設定し、PayPayアプリ上にストアページの作成などができる「PayPayマイストア ライトプラン」(月額2178円/店舗)に加入すると1.60%になる。

 PayPayマイストア ライトプランは、加盟店がPayPayアプリ上でストアページを開いたり、「PayPayクーポン」を発行したりできるサービス。ストアページには、ユーザーによるフォロー機能や店舗のレビュー機能を備える。店舗側はターゲティングしたクーポンの発行などの販売活動に活用することができ、デジタル化を進めることもできる。
 また、利用料の発生にともない、PayPayでは街の店舗を応援する企画として、「3%振り込みますキャンペーン」を実施する。同キャンペーンは9月19日もしくは10月19日までにPayPayマイストア ライトプラン加入すると、最大6カ月間(10月19日の場合は最大5カ月間)、決済額の3%を後日付与する。振込額上限は1法人または1個人あたり合計100万円としている。
 このほか、PayPayマイストア ライトプランのトライアルキャンペーンも実施している。通常2178円の初期費用と、1カ月当たりの月額利用料最大2カ月分が無料になる。さらに、21年10月からPayPayの売上金振込サイクルは月1回を標準とし、そのほか売上金振込サイクルは早期振込サービスに申し込むと選択できる。

関連リンク

  • 8/19 18:30
  • BCN+R

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます