トーシンブリザードが死亡、23歳 2001年に無敗で南関東四冠を達成

拡大画像を見る

 2001年の東京ダービーやジャパンダートダービー(GI)などを制し、無敗での南関東四冠を達成したトーシンブリザードが18日に死亡した。23歳だった。

 ジャパンスタッドブックインターナショナルのホームページで同日、発表された。

 トーシンブリザードは父デュラブ、母ユーワトップレディ、母の父ブレイヴェストローマンという血統。

 2000年9月、船橋の佐藤賢二厩舎の管理馬としてデビュー。そこから無敗の3連勝で全日本3歳優駿(GII)を制し、重賞初制覇を果たす。

 翌2001年、南関東クラシックシーズンに入ってもその勢いは増すばかり。始動戦の京浜盃から羽田盃、東京王冠賞、東京ダービーも連勝し、当時の南関東三冠を達成。さらに再びJRA勢を迎えてのジャパンダートダービーも制し、無敗のまま南関東四冠を達成した。

 その後の勝ち星は2002年のかしわ記念(GII)のみだったが、2001年東京大賞典(GI)でトーホウエンペラーの3着、2002年フェブラリーS(GI)でアグネスデジタルの2着に入るなど、全国の猛者を相手に熱戦を繰り広げた。

 2005年のJBCスプリント(GI・7着)を最後に現役を引退。通算成績は30戦9勝で、新馬戦以降の8勝を石崎隆之騎手とのコンビであげた。

 獲得賞金は4億1521万円。NARグランプリは2000年にサラ系2歳最優秀馬(当時の表記で3歳)、2001年にサラ系3歳最優秀馬を受賞した。

 引退後は種牡馬となったものの、残した産駒は4頭(代表産駒バトルファイターは南関東重賞2着2回)。2008年の種牡馬引退以降は北海道新ひだか町の荒木牧場で、功労馬としてけい養されていた。

関連リンク

  • 8/19 16:01
  • netkeiba.com

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます