「この子とずっと一緒にいたい…!」溺愛される女性のモテテク4選

恋人から長く愛されるには、いくつかコツがあるみたい。本記事では、好きな男性とずっとラブラブでいたい女性へ向けて、溺愛される女性のモテテクを4つご紹介していきます。関わり方次第で相手へ与える印象は大きく変わります。
今彼氏がいる人も、恋愛相手を探している人も、ぜひ実践してみてくださいね。

期待を押し付けないけど褒める

「彼女はあまり口出ししてこないから楽です。でも、優しくするとちゃんと気付いて褒めてくれるから、上手だなって思います」(28歳男性/飲食)

▽ 恋人に対して「○○してほしい」と思ったり、理想の恋愛観を押し付けると、プレッシャーを与えてしまいます。自然体の相手を受け入れるには、期待を寄せすぎないことが大切。期待との違いに落胆しそうになったら、相手の優しさや気遣いに目を向けて褒めるようにしましょう。

あえて尽くしすぎない

「元カノは優しくて完璧だったけど、なぜかマンネリ化しちゃったんですよね。やっぱり追う恋愛のほうが向いているのかも」(25歳男性/事務)

▽ 優しい尽くす系の女性は真剣交際に発展しやすく、幅広い男性から愛されます。ところが、相手が望んでいないのに過剰に優しくするのはNGです。最初は「ありがとう」と思えても、少しずつ慣れてしまうのが人の心理みたい。マンネリ防止のためには、必要以上に尽くさないことも大切です。

男性の理解者になる

「彼女と会うと安心します。どんな話も笑顔で聞いてくれるし、弱音も受け入れてくれるんです」(29歳男性/IT)

▽ 男性から愛情を注いでもらうには、まず女性から男性を理解することが大切。「この人なら何があっても味方でいてくれる」と感じたとき、人は同じように愛情を注ぎたくなります。彼の言葉をよく聞いて気持ちを汲み取り、受け止めることを意識しましょう。

ダラダラとデートしない

「彼女はいつもデート終わりに『寂しい』って言ってくれて……。だけど、しっかり切り上げて帰るから、さらに会っている間が特別に感じるんです」(26歳男性/コンサル)

▽ 好きな相手とデートすると、「この時間がずっと続けばいいのに」と感じますよね。しかし、デート時間を無理に引き延ばすと、むしろ満足させすぎてしまい、マンネリの原因に。キッパリ切り上げる代わりに、帰りがけに少し寂しさを演出して印象づけましょう。

メリハリのあるアプローチを!

男性に溺愛される女性は、“積極的になる場面”と“セーブをかける場面”のバランスを取っています。男性の心を掴むためのアプローチはしっかりと行いつつ、マンネリ化させないようにメリハリを利かせているのです。
今回ご紹介した項目を参考に、使い分けてみてくださいね。

画像をもっと見る

関連リンク

  • 8/19 4:00
  • 女子力アップCafeGoogirl

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます